まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

タグ: 雑記



20140711
出典:いらすとや
これは自分自分にも返ってくる事でもあります…「お前は何様のつもりだ?」と。気をつけたい所です。

 親上司、見知らぬ他人でもなんでもいいですが、自分が相手よりも優位な立ち位置に居ることも自覚しないまま、まるで自分が何でも知ってる人間かのように講釈垂れる人がおります。

特にそういった人の下に居る事を自覚していない生真面目さんは注意した方が良いです。



続きを読む

20140703
出典:いらすとや

先週に続き、今週もまとめ記事を作成してみました。頻繁に気になるニュースなどブックマークしているので、意外と一週間でもそれなりの量が貯まります。
当面、週刊連載でやっていこうかと思います。


 
続きを読む

20140703

出典:いらすとや

 先日あのような話題を書いておいてなんですが、「ニュースまとめいいじゃん」と思って、日々自分がせかせかスクラップしているニュースをどうせなのでオープンに一部まとめてみました。知ったからどうだってニュースばかりかもしれませんが、何見たらいいかわからんって人の何かの参考になればと思いました。 今日はログとはちょっと違った趣旨にございます。

なるべく一読の価値がありそうなものを選出致しました。 


 続きを読む


140616


 先日のUnity Chan Game Jam 2014(以下UCGJ)にて私が所属したチームは様々な側面から極めて意思疎通が困難な状況でありました。

各人のパーソナリティを尊重して具体的になにがどう困難であったかは伏せておきます。それは所属した各々が双方に感じているはずなので、あえてそれを表面に露呈する必要も無いでしょう。
結果として私の所属チームは不本意ながら完成形まで成果物をつくり上げることはできませんでした。

恥ずかしい気持ち、悔しい気持ち、そうしたものをただの失敗として流してしまうには30時間はあまりにもったいない。というわけで私はこの失敗からなにを学ぶべきなのか考えておりました。

ちなみに私はプレゼンの時にリープの体験をしたり、一人で何かいっぱい喋ってた人です。
続きを読む


匿名の記事なので真偽のほどは定かではない事。そして、その真偽を真として見ての意見であることをまずは前置きします。

さて、最近すき家のバイトボイコットというのは記憶に新しいですが、それでは最近はどうなったかといえば、弁当販売だけしてるそうです。つまり、食堂としての機能を捨てた。そして、人が来なければその日はもう店を閉めちゃうらしいです。

案外これ良いなーなんて思うわけです。




続きを読む

201140318
出典:写真素材足成

 11月から始めたなんだかんだで平日毎日更新が5ヶ月続いております。おかげさまでそれ以前に比べて、毎日のアクセスも3倍以上増えております。普段はマインドログとしての記事を書いておりますが、本日は趣旨を少し変え、こうしてブログを続ける自分なりのコツを考えてみました。



続きを読む

ougi

 過去、コードギアス反逆のルルーシュという作品を奥さんに勧められ、観ました。全部観ました。面白かった。ゼロ年代アニメの代表作と言われて納得しました。もうそろそろ作品単体を話題に出してもネタバレとかそういうものを気にしなくていいと思うので、書いてみようと思います。

さて、この扇要という人物は作品内で最底辺の地位から、首相まで上り詰めた人物です。
彼は主人公が率いることになるレジスタンスのリーダー代役としてが初出になりますが、リーダーとしての才能は無く、すぐにレジスタンスのリーダーの座を譲り副指令になり、常に主人公の力を頼りにし、ロボットバトルの作中にあって戦闘能力は皆無でほぼ戦わず、それでいて敵大将の口車に乗せられ主人公を裏切り、最後には敵国和解の象徴として国際結婚し、幸せな家庭と首相の座を得ています。

え、クズじゃん。

そんな彼の処世術と組織運営方法について考えてみました。
続きを読む

ロールモデルとは
 引用
 具体的な行動技術や行動事例を模倣・学習する対象となる人材。
 多くの人々は無意識のうちにロールモデルを選び、その影響を受けている。
 「○○のようになりたい」という憧れは誰しもが持った経験があるだろう。

会社の40歳近い人、それ以上の人と話して思うのは
「こうすることが正しい」というモデルが出来上がってるんだなーということ。
そこからマネジメントに絡めて考えてみました。

続きを読む

時代の変化のめまぐるしさは
これから市場が栄えて衰退するまでの一つの指針になりそうかなと感じています。

横山健が語る、これからのレーベル運営術「そもそもレコード会社なんてのは隙間産業なんだ」



続きを読む

このページのトップヘ