まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

タグ: 教育



20150811

出典:いらすとや


この記事を読んで「うおおぉぉぉ…」となっておりました。
読むと大体の人が「『どうする、俺?』じゃねえよ、39歳にもなって何でそんなことも決められないの?」というように感じると思います。

しかしながら、こうしたことに悩んでいる人は以外に多いんじゃないかと思ってます。私も数年前は結構悩んでました。でも、この悩みがどういう悩みなのかも分かってませんでした。単に自分の性格のせいだと思ってました。

以下、過保護と過干渉について私なりに調べてみたことのまとめです。
続きを読む

20140703
出典:いらすとや


世界情勢がなかなかに激動でしたが、その辺の主要ニュースは誰でもおさえていると思うので、私は私なりのまとめをしていきたいと思います。そしてもう1月最終週です。はやい。



続きを読む

【早寝早起きごはんフォーラムinほっかいどう 話す場所 スマホじゃないんだ 食卓だ ~大切な子供たちの未来へ届けるメッセージ~】
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sgg/undou/haynehayaoki.htm
という講演会がございまして、そこに川島教授が来られていました。
折角の基調講演だったので断片的ではありますがメモ書き残しておきます。

画像データはあとで追加できそうならしておきます。









続きを読む

141111
出典:いらすとや

 私は「お金持ちになる方法」というのはどこか胡散臭さが漂うので苦手ですし、そういうのは情報商材がついてまわってイヤなのでこのタイトルにいたしました。
消費税増税見送りかどうかの話や、毎度毎度頭が痛くなる年金話、個人投資家を陥れようとする株式市場の甘い誘惑の数々…。
てことで、自衛手段として大金持ちになるのではなく「とりあえず貧乏にならないために」を主眼として、いろんな記事を漁ってみました。

実に多くの記事がヒットし、それらの中で特に語られている内容を厳選してみましたよ。



続きを読む

20140905
出典:いらすとや


先日回ってきたツイート



結構やばめの話だから自分なりに注釈考えてみました。



続きを読む

20140508
出典:ログミー(※プライバシー配慮のため当ブログでは顔部分を切り取っています)

 先日の記事(真面目系クズは注意。自立を妨げアイデンティティを崩壊させる、支配型マネジメントについて。)に続き、今回は親子関係について、この支配型マネジメントが生み出す毒について考えてみました。自分が親になった時のため、他人を通して自分自身を成長するためにも、見つめなおしてみたい部分ではあります。


続きを読む

20140313
素材元:http://peoples-free.com/24-menandwomen/240-menandwomen.html


 人口比率で考えてみると、いじめる人間よりもいじめられる人間が圧倒的に少ないので、やっぱり原因となるいじめをまず起こさないためにどうしたらいいだろう、いじめてる人はまずこういう事を考えなさい、とか色々な事を世間様は言うわけです。しかしそもそもその前提が間違っているわけです。

なお、本項はいじめから今すぐ抜け出す方法ではありません。いじめられているという事実に、どう向き合うかに主眼をおいております。
何故なら、いじめは当人が反撃しない限り終わらないからであり、その反撃する力が無いからいじめられるのです。故に、いじめから抜け出す方法を論じるのは、いじめられている人間にとって非生産的なのです。

長くなりましたが本題へ。



続きを読む

 先日ブログの検索ワードを眺めていると「生きている意味」「頑張る意味」「何のために生まれたのか」など哲学的な内容の文言を見かけました。人類がいまだたどり着いていない答えの様な気がします。要するに「答えなんて無い」がこの場合正解になると思うのですが、それは思考停止ですので自分なりに考えてみました。それから、答えを探してしまう思考についても。


続きを読む

LINEQというアンケートアプリが2~3ヶ月前からスタートしました。質問者の一問に対して、同アプリを使用している様々な人達が答えていくシステムです。
私も面白いのでよく覗いては質問したり回答したりしています。tiwtterと同一アイコンなので良かったら探してみて下さい。
このアプリの中で、教頭の父親の暴力によるしつけにより中学生の弟が責められているのを悩んでいる兄が投稿しているのを発見しました。テストの点数が悪いと部活を辞めさせられたり、塾をサボったら叩かれたりご飯茶碗一杯白米だけのご飯にされたり、酷いときはマグカップなどで殴られたりなど。母親はそれを見て見ぬふり。
見ていて心が痛くなるのですが、私にとって危惧すべきは、この質問者の内容よりも、それらに回答している人達の内容にありました。

続きを読む

このページのトップヘ