まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

タグ: 心理



20160907


恥かくの辛いですよね。衆目に晒されて恥をかかされた時なんて何度死んでやろうかとお前ら全員巻き込んで死んでやろうかと考えたものです。この一文だけ作為的に切り取られると大変つらい。

人は自尊心と自己愛を守る上で、恥をかくのは極力避ける生き物ですから、恥をかくことは本能的に避けて然るべきな面はあります。しかし恥のメリットは沢山あるのでございます。

続きを読む

20160906


 誰かのために何かしようとすると、大抵うまくいかない。うまくいっても、先に続かない。「誰かのために」何かをしようとしてうまくいなかい人は、その本質に気づいていない人が結構居るような気がしますし、日本の文化はそこを巧みに隠してしまっているように思います。


続きを読む

150303
出典:いらすとや


 突然ですが私は自分の本名がかなり気に入ってないです。詳しくは書きませんがなんというか、非常に子どもっぽくてつらい。子供の頃はまだかろうじて良かったけど、○○(41歳)とか想像するだけで鬱になります。

社長とかになってる人たちってなんで名前がそれっぽいんだろうとか、なんで改名するんだろうとか、色々と話してて気になったので簡潔にメモ。


 
続きを読む

150226
出典:いらすとや


 ままならない人生はどれだけ自分を束縛する自分ルールに気付けるのか、なのかもしれません。



続きを読む

20140703
出典:いらすとや

ダラダラコメント長く書かずに、極力気になったニュースを沢山ピックアップすることを今週は特に意識してみました。そんなわけで早速先週の出来事をおさらいしていきましょー。
 

 続きを読む

20140708
出典:いらすとや
悪意に対してただ我慢しているだけでは短い人生の時間を浪費してしまう


 いらぬ怒りを溜め込まないようにするための覚書です。世の中には一定数、自分の保身のために、ありえない言い訳をする人がおります。何の因果も無いのに「○○のせいだ」などと。言い訳なら私達もしてるんですが、質が悪いことにバカな言い訳というのは「声がデカイ」とか「立場が上」とか、そういった相手の優位なフィールドから発せられることがあります。
私自身幼いころから何度も何度も苦渋を舐めさせられました。

こうしたバカバカしい相手にどう対応すべきなのかを考えてみました。



続きを読む

 何か事を起こすとき、何かが起こった時、必ず批判から入る人が居ます。「だから最近の若い人はダメなんだ」「政治家は何も分かってない」「おっさん達に言ったって無駄無駄」何かしらこういう文言が日常に溢れているように思います。私もたまにやっているので気をつけたいです。 

ではこうした批判の心理についてどうした心理状況が生み出している問題なのかを考えてみました。また、基本的に批判はプラスの思考を生むものではないと思っていますので私自身は改善していくべきものであるという観点から考えております。プロセスを分析することで、潜在的に起こる批判の感情を制御できるようになるかもしれません。 
続きを読む

このページのトップヘ