まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

タグ: コミュ障



20161013


 親がコミュ障であれば子もまたコミュ障になると言われております。どんな人も成人、経済的独立を果たすまでは基本的には一番生活の中心に居るのは親ですから。「親の顔が見てみたい」なんて言葉もありますが、実際親を見れば子のこともある程度分かったり。

さて子側には本当に迷惑な話ですが、親のコミュ障に子は巻き込まれます。

続きを読む

20160830


 コミュ障な自分が、自身のコミュニケーション能力を頑張ってなんとか解消しようとしていくなかで少しだけ見えたもの。

続きを読む

20151019

出典:いらすとや


 以前の私は人と会話するのが苦痛で仕方なかったのでした。極度の人見知りとかどもりとか焦りとかそういうのが酷かった。ただ変化あったかもしれないと思ったことを。


続きを読む

150526
出典:いらすとや

 コミュ障なりに他人の気持ちを理解しなければならないシチュエーションは多々あります。人の気持ちを察したり、思いやったり。簡単に出来りゃ苦労しないのですが簡単に出来ないから苦労してるわけです。

いわゆるリア充にはなれないながらも、頑張って人の気持ちを知る方法を。例によって自分の経験値などからの覚書です。


続きを読む

150505

出典:いらすとや


 以下奥さんに指摘してもらった事の書き記し。どうしても普通の人のようにうまく話が出来ない私はこんな当たり前なことも未だに出来ておらず、恥ずかしい思いでいっぱいです。親も誰も教えてくれなかった。




続きを読む

20150219

出典:いらすとや


 そりゃ優しくされたほうが人間嬉しい訳ですが、特に「コミュ障は優しくされることに弱い・異性だと惚れてまうやろー!問題」を考えることにします。ただコミュ障だって人それぞれなので万人じゃないですし、どちらかというと自分の体験的、主観的観測についてです。 

ところで惚れてまうやろーって2008年らしいですよ ヤダ怖い



続きを読む

20140813

出典:いらすとや

 前回の「コミュ障・発達障害が会話で何故失敗するのか その時脳内で起こっている出来事と改善方法について」ではコミュ障の失敗の方程式を解説致しました。で、この記事を読んだ奥さんに指摘されたことがあったので、記録しておこうと思いました。


 
続きを読む

このページのトップヘ