まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

カテゴリ : まじめ系クズの日常



20170209_1


 大人になってからこそ、一人の趣味に興じる人が結構居るし、むしろ一人の時間を有意義に活用している人がたくさん居ることを知りました。なんだ、一人って別に恥じることでも何でもないのだな思えたわけでした。しかし学生時代も同じようなことを考えていたのですがその時は奇異の視線にさらされて大変でした。

続きを読む

20170124


父の癇癪
http://anond.hatelabo.jp/20170122133511

ネット上で先日盛り上がっていた話題の記事。内容的には私が語りたい本題とは趣旨がズレるのだけども、癇癪持ちの父に悩まされた匿名の方の記録が淡々と語られておりました。

私のこの記事に少しだけ救われた気持ちになったのです。

と言うと変な話ですよね。どういうことなのかといいますと。

続きを読む


分かる人にはわかる、分からない人にはまるで分からないかもしれないこの感覚について。

私は「何もしていない」という状態に長年悩まされてきておりました。「何もしない」とはインプットも特にせずただ一日ボーっと、休んだり食べたり漫画読んだりゲームしたり。怠惰に何も考えず消費している状態。

この何もしていない状態について、私は激しい焦燥感を感じながら日々を過ごしていたわけですが。

続きを読む

20161103


普段から他人に関心が無い人は、知らず知らず自分は他人に何を見られているのかというのを忘れてしまいます。本当に忘れてしまいます。危険です。

他人がどう見てるかなんてどうでもいいし、そんなこと気にしてる人の方がおかしいんだよ、なんて事を考える人もいるかもしれませんが、んなこたぁ無い。人は、判断基準が無い相手を見定める時、必ず全身を見る。雰囲気を見る。

そうして、雰囲気で相手を決めつける。だから自分がいくら内面を良くしていたって、望んだ通りに見てもらえない事がある。その印象を毎回毎回軌道修正かけるのは、骨が折れるのです。

本題、人は普段貴方の何を見てるのか。貴方が誤解されないように。特に大事な人と会う時など。 今週色々書いてきた記事と似たような表記もあるとは思いますが。

続きを読む




そろそろアップデートした方が良いと思いましたので、改めて書いてみることにしました。

続きを読む


 わたくし元来からゲーマー(ファミコン世代から)だったので、ゲームと名のつくものは雑多に色々とプレイしてきました。なのでガラケーからスマホに変えた時も直ぐにゲームアプリすぐには入れてました。

さてそんなゲーマー観点からスマホゲーについて思うこと諸々。

続きを読む

20151203
出典:いらすとや

↑頭のなかで思い描く理想はこうなのに…! と思う人向け。


諦めが肝心だとか、諦めることも時には必要だとか、世の中には色々言ってる人達がいるのですが、じゃあ実際に何でこんなこと言うのかってことの整理です。私の中でもちょっと踏ん切りがついたことが最近あったのでメモ。


続きを読む

20150219

出典:いらすとや


 そりゃ優しくされたほうが人間嬉しい訳ですが、特に「コミュ障は優しくされることに弱い・異性だと惚れてまうやろー!問題」を考えることにします。ただコミュ障だって人それぞれなので万人じゃないですし、どちらかというと自分の体験的、主観的観測についてです。 

ところで惚れてまうやろーって2008年らしいですよ ヤダ怖い



続きを読む


 北海道はついに雪が降り始めました。いよいよ師走までカウントダウン始まった感じです。2014年の残りを有意義なものにするためにも、楽しく時事をインプットしてまいりましょう。
それでは今週のニュースまとめ。

 
 
続きを読む

このページのトップヘ