まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

カテゴリ : 生活




 寝てない自慢をするわけじゃないですが、色々と初の取り組みをした結果、起業後初の仕事がいきなり炎上して完徹しました(笑) 笑えないですね。 3日完徹なんて学生時代の卒業制作以来です。

 30代で完徹すると一体どうなってしまうのか。是非反面教師としての情報を共有できればと思います。。。真似しちゃダメ。

続きを読む


 どこの界隈にも必ず一人や二人は居る、アドバイス屋さん。部活の卒業した先輩現象とでも呼ぶべきか。彼らは何故上から目線のアドバイスを、わざわざ行ってしまうのか。
続きを読む


 人間は自己愛だけではただのナルシストになってしまい、自分にしか興味のない人間になってしまい、他人との接触が難しくなってしまう。人間に必要なのは自己愛よりもそれを越えた自尊心なわけです。これの育み方について最近気になっていることをつらつらと。

続きを読む

20170320_1


誕生日、記念日、クリスマスにバレンタインにホワイトデーだなんだ、他人へ何かと贈り物をする機会は誰しもあると思います。その贈り物のセンスが壊滅的にない人がいます。私です。

贈り物のセンスが良い人と悪い人、その差は何なのでしょう。人間関係のお話。
続きを読む


 誰にでも等しく訪れる…とは限らないけども、少しでも創作事なりなんなりを行う人にとってはある日唐突訪れるのがスランプです。ある日「今あんたの家の前にいるよー」と、突然やってくる実家の親みたいな存在。突然やってくるくせにお帰り願うのが困難な存在。

 そのスランプの訪れにどう対処すべきなのか。スランプの原因は何なのか。思っていることをつらつらと。

続きを読む


 社会人になるとこういう問答に悩まされる人も居ると思います。辛さが押し寄せる。この辛さが押し寄せる案件に対し、ただの出来ない人間はどう対処していったらいいのかという覚書。

続きを読む


 なにかあるとすぐに落ち込んでしまう。なんだか自分は打たれ弱い。そういう人は自分の精神的な弱さについて悩んでいるように思います。しかしそれはもしかすると、そんな根性論の話ではなく「最悪の自体」について普段から考えるクセが無いからなのかもしれません。

続きを読む


 突然ですけど私は心がぼっきり折れた事が何回かあります。でも今現在なんとかなってます。心が折れても、意外とのらりくらり生きていけるのだと思います。でも心が折れた時に「そんなこと言われてもなぁ」という意識の高い言葉、難易度の高い言葉に私は何度か出会い、結構嫌な思いをしました。

 だから、心が折れたときの読み物が欲しいなぁなんて思いながら筆をとります。

続きを読む


 どうして自分はこんなにも出来ないんだろうと思い悩んだり、不意に脱力して全ての物事がどうでもよくなってふさぎ込んでしまったり。「何をやっても無駄だなぁ…」という諦めの感情が襲ってきた時、どうしたらいいのか。そもそもそれってどんな状態なのか?

 解決策、というわけではないけども、どういった状態に自分はあるのかを確認するという意味で何か役に立てばと。

続きを読む


 「ネタで絡んでるだけなのに、何マジになってんのww」なんてやりとりは、直接体験しないにせよどこかしこで見たことがあるかもしれません。そしてそういった現場では大抵「ネタをネタと受け取れない人」が笑われて終わりです。常々そこに対して疑問を感じるのです。

続きを読む

このページのトップヘ