まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

カテゴリ : 真面目系クズ克服




 コミュ症はとにかく主張が苦手です。過去に自分が何か主張したことによって手痛い失敗や微妙な空気感などを肌身に感じてトラウマになっているからです。はい、私です。

 コミュニケーションが苦手だから人の話を聞いてる分にはまぁそこそこ耳を傾けることができて「○○さんは話を聞いてくれるから良い」みたいなこと言われたりもするわけですが。

 ぶっちゃけ話すのがとにかく苦手だから聞くことくらいはせめて頑張ろうと思ってたわけで。

 しかしまぁ、つくづく思うのです。それだけではただの都合の良い人だと。

続きを読む


 私はとにかく人に馬鹿にされるのが怖かったし、出来れば自分が可もなく不可もなく無難な存在でありたいと思っていたから、その理想の自分を守るためにもとにかく人に馬鹿にされたくなかったのです。

 そうして人に馬鹿にされることを怖がって周囲の評価に怯えて警戒しているうちに、いつの間にか人を尊敬せずに馬鹿にして人生が詰んでました。辛い。ぜひ反面教師に。

続きを読む


 わたしはとにかく喋るのが苦手で、昔は自分の声も嫌だったし、客観的に自分が喋ってる様子を思い浮かべると嫌で嫌で仕方なくて。自分が喋ると周りが静まるし、楽しく無さそうにするし。もう喋ることがアレルギーになるくらいでした。

 今でも全然出来てるとは思わないですけど、それでも少し人間としての会話が成立するようになってきました。ので、マシになった方法、というか意識についてを残しておこうかと。

 レベル0だった人がレベル1になるための内容なので、会話がメッチャクチャうまくなるための方法ではないというのをご了承くださいませ。
続きを読む


 何か新しいことに取り組みたいと思った時、まず何をしたらいいのか全くわからないという事態に陥ることがあります。自分の知識不足とか理解力の無さとかとにかくあらゆる点で何をしたらいいのかわからなくなる。何勉強したらいいのかわからなくなる。そういった時の勉強法。

続きを読む


 あれです、私的には胡散臭い言葉なんですが、いわゆるところの「引き寄せの法則」と呼ばれるやつです。私も初めてこの言葉を耳にした時は「しゅ、宗教的・・・!」と思ったものです。

 しかし、しかし、なりたいものというのは、いつの間にかなってます。良い方にも悪い方にも。

続きを読む


 私は過去、今の人生が死ぬほど嫌で嫌でなんでいつも自分ばかり不幸な目に遭っているのか、どうして自分ばかりが惨めな思いをするのか。いつもいつも毎日が楽しくなく、周りがただ羨ましく、妬ましく、憎たらしく。 どうして早く人生が終わらないのか、そんなことばかり考えてました。

 ザ、後ろ向き。

 でも今は別に大した変化はないけど、楽しく生きてます。前向きになりました。ふと振り返って、なんでこんなに前向きになったんだろうかと思って備忘録です。

続きを読む


 長らく私は過去に引きずられて生きていたわけですが、この時間本当に無駄だったので是非私のブログ読んでる人にも気持ちの切り替えをしていただければとか思った次第です。
でも一方で過去は絶対に消えないものだというのもあって、あーもうなんだかなーというところです。
続きを読む


 集中力の無いことでおなじみの私です。本当にびっくりするほど私は集中力がありません。周囲の人間はどうしてそんなに一つの物事に真剣に取り組むことが出来るんだろうと、いつも疑問と羨望でもって眺めています。

 そういうダメ人間でも、そこは開き直るわけにはいかず、やっぱり集中する時間を作らないといけないわけで、どうにか私が集中するためにやっていることについてをまとめた次第です。

 ちなみにサボり魔向けなので、普通に集中できる人には特に役に立たないと思います。
続きを読む


 私の20代前半までの人生はとにかく壊滅的だった。もう目も当てられないくらいに壊滅的だった。過去については色々語ってるので、ここでは言及しません。興味がある方はこちらなど。


 本当に本当に辛い20代前半だったけど後半は、その辺の辛さが軽減されるようになってきたし、自分のようなタイプの人間はもう少し早くこうした考え方習慣などを手に入れられれば、楽になれるんじゃないかと思って、書こうと思った。

続きを読む

このページのトップヘ