まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

カテゴリ : 真面目系クズ克服




 私は昔よくこんなことを言われました。いや今もか。

 「なんでこんな当たり前のことも知らないの?」
 「なんで周りが出来る当たり前のことが出来ないの?」

 私はこの言葉を言われる度に酷く落ち込んだものでした。周りはとても優れていて、自分だけがどこかおかしい頭の狂った人間なのだと思いました。私は皆の当たり前を知らないし、出来ないのでした。

続きを読む


 自己分析は定期的にしておくと良いもので。自分の強み弱み変化点などは都度都度その日の感情とか出会ってきた人とか今いる環境によって変化します。変化しないものもあります。

 回数が増えるほど自分の安定した軸が見えてくるので、他人の言葉にいちいち惑わされたりイラつくことなどもなくなると思います。

 そしてこの自己分析は、自分単体でするよりも客観的な感想があって更に捗ります。

続きを読む


 昔の私は自己評価がとにかく低くて低くて生きるのが困難だった。簡単なことで、私が私自身を評価する軸が「私は○○が出来ない」というところから始まっていたからだった。

続きを読む


 ブログを書き始め前が丁度5年前。もう五年もブログ書いてるの私…。

 その頃に比べて、今は良い意味で図々しくなってきている気がします。精神的に昔に比べてちょっとタフになってきている気がします。

 ただ漫然と加齢したわけでもなく、そこに至るまでには色々と習慣の見直しをしてきましたし、それが成果になってきてるのかなぁと思い、何をしてきたのかについての記録を。

続きを読む


 僕を育てた人間が、僕が子供のころにかけ続けてきた呪いの言葉。

 「あんたそんなことしてたら周りの人に笑われるよ」
 「みっともない ○○くんもあきれてるよ」

 などなど。僕は子供のころから他人の視線に対する恐怖感を植え付けられて育ってきた。今でこそ上のような話は馬鹿らしいと突っぱねられるのだけども、当時は真に受けることしかできなかったし、その言葉は呪いのように僕を縛り付けた。

続きを読む


 努力は必ず報われる、とは限らない。

 だけども「努力すること」と「報われること」というのは別の話。

 貴方の努力が報われないのは努力が不足しているからでも実力が不足しているからでもなく。努力と報酬の原理についての因果関係を無視しているから「報われない」と感じてしまうわけです。

続きを読む


 他人をサゲることはあまり自分の利益を生まない。だけど人は平気で他人をサゲる。見下す。コケにして貶める。人間である以上は仕方ないのかもしれない。だけどサゲるにしてもそれぞれ違いがある。

 違いが見抜ければ可愛げを見抜けるかもしれないし、何も考えてないんだなぁと見抜けるかもしれないし。

 サゲるとひと言で言っても様々だよなぁなんて最近は思うのであります。

続きを読む


 人生のイベントが来る度に、知識の差というのはそのまま社会的な生きやすさとかに直結するんだなぁというのをひしひしと感じたりします。世の中はルールに満ちており、うまく悪いこと出来ないようになってる。

 しかしルールを知らないことで損するようにもなってる。
続きを読む


 通常、人は自分を肯定したがる。自分が正しいと思わなければ、自我が保てなくなる。自分を表面上否定する人も居るが、その否定している自分もまた肯定している。文字にするとよくわからなくなるが、つまり人間は自分を完全に否定することはない。

 しかし自分で自分を肯定するだけでは自己愛に浸っているだけになる。他者から肯定をされることにより、自信を得るきっかけになる。つまり自己肯定だけではなく他者からの肯定も得られてようやく自信へとつながったりする。

 これだけ書くと、じゃあ自分を否定する人は要らないんじゃないか、と思えるのだけど、そういうわけでもなかったりする。

続きを読む


 過去の自分を振り返ると、あらゆる方々に嫉妬しつつ「自分が○○出来ない理由は、過去にこういう酷いことをされたせいだ」とか「良い環境を与えられなかった」とか色々と言い訳をしていたのですが。

 そんな言い訳マンですが意識の変化が出来たことによって気が楽になった話です。

続きを読む

このページのトップヘ