まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

カテゴリ : 働き方




 再就職の話題とか、転職の話題とか、何かといつも「就職ネタ」というのが飛び交っているのだけど、結構業種によってもまちまちだし、年齢によっても変わってくるし。私が10代の頃なんて就職のための授業(全然意味なかった)なんてのもあったし。

 もうちょっと就職についての考え方がまとまっていても良いと思うんだ…。
続きを読む


 私がそもそも起業したのは「前々から起業しよう」とは思っていて、たまたま努めていた会社が事業停止という自体に陥ったから。そして丁度よく、事業の軸になりそうな仕事のラインが出来ていたから。起業するタイミングが「今しかない」という状態だったから。
続きを読む


 どうやら普通の人は予測がたてられるらしい。事前にリスクを見つけ、事前にリアクションを予想し、そうならないための手を打つ。調べることは徹底的に洗い出す。普通に考えれば出来ることらしい。

 でも、その普通が自分にはできない。
続きを読む


 酒を呑むことが生きがい、みたいな人は世の中に一定数居て。彼らは往々にして絡み酒だったりする(注:私調べ)

 絡み酒に遭遇したとき、どうしたらいいのか。私なりの対処法。

続きを読む


 どこの世界にもダメ上司はいる。私もダメ上司だった。反省。なので、せめてダメ上司の見抜き方や、どう対処したらいいのかを記載しよう思います。どこまでが私に当てはまるとかそういう話は自分の傷をえぐるので書きませんけど。。。

続きを読む


 仕事でも生活でもなんでもそうなんだけども、ものすごく大雑把位に分けると、社会において人はこの二種の行動のどちらかを行う。そして私個人の人生の中で感じたのは、他人の不足を補う人の方が割りと穏やかな人生を歩んでいること。また一方で後者もまた大きな成功を収めている、ということ。

 人生の牌をどちらに進めていくのか、少し考えてみると面白いと思います。
続きを読む


 会社がお亡くなりになったりすると、転職するのか、個人事業主になるのか、起業するのか、などなどいろいろな選択肢が発生することになります。今の時代流石に終身雇用を信じている人は居ないでしょうから、お亡くなりになる以外の理由であっても生涯のうち何度か会社を離れるタイミングが訪れるものと思います。

 そう考えた時、会社員やっていたなら何をしておけば良かったのか、なんてことをふと私なりに思うことがありましたのでメモします。

 生涯を通して明確にやりたいことがある人向けではなく、今はまだ定まっていないけどそれでも備えあれば憂い無しの精神としての内容になります。

続きを読む


 社会人生活が始まると、結構時間の使い方が自由になる。学生時代に比べると少ないと思われるかもしれませんが、「自分で考えなければならない」という自由時間が増える。この自由時間の活用が仕事の攻略には必須であり、故に大事に使っていくことで、より素早く仕事人生を効率化及び簡略化していけます。
続きを読む


 新社会人の皆様、お疲れ様です。これから公私共により良い社会人生活を送るためにも、特にインターネットの活用については十分に気をつけてまいりましょう。今日は20年近くインターネットおじさんをやってきた身としての処世術を書いていければと思います。
続きを読む

このページのトップヘ