すごい人に会ったりすると色々と共通点が見えてきたので簡易まとめとして。すごい人の定義としてはパワフルでビジネスの最前線に居る人という意味合い。


・発信してる
・コミュニティを主催しているor主催する力がある
・コミュニティを渡り歩いている
・人に見えないところで努力している
・人にとにかく会ってる
・周囲が応援したくなる目標を持ってる
・他人を評価してる
・プロダクトの品質管理の目線が厳しい
・一部能力特化型。何でも屋ではない
・人を動かす能力に優れている
・行動力やバイタリティがすごまじい
・とにかく努力してる
・周囲と比べると、気が狂うくらい努力してる
・努力と思わない努力にリソース振ってる人すごい
・お金に強い お金にまつわる情報全般に強い
・笑顔が爽やか 素敵 明るい
・面倒見が良い
・人を巻き込む
・場合によっては人に恨まれる
・物事の本質だけ見てる 流行り流されにくい
・面白い(人を楽しませられる)
・よく喋る
・頭の回転が早い(努力してるから)

一つ一つの詳細は省きますけど大体すごい人達って上の内容が多かれ少なかれ当てはまる感じ。年齢関係ない。老若男女問わず。
何より特徴が、とにかく凄まじく努力してること。
努力と、今置かれている環境が相対的に合致すると、凄まじく昇華する。
エンジニアだらけの会社でエンジニアとしての努力をしてトップに上り詰めるのは至難の業だが、営業だらけの会社でのエンジニアは希少になる。
とはいえ努力は成功をもたらすとは限らないが、積み重ねた努力は何処に行っても武器にはなっていく。

脱線。

すごい人になりたいかどうかは置いといて、すごい人の需要はどこかしこに存在する。すごい人はコストを下げる。ことここに至ってのビジネスは常にコスト軽量化との戦いである。

別にすごい人にならなくてもいいとは思うけど、経済状況を考えると、ある程度特徴取り入れておかないと結構苦しいのかもと思うなど。ここを語りだすと別記事が書けるので省略。
メールするほどでもないし、かといってコメント欄に書くのも違う、みたいな質問とかありましたらこちらのマシュマロのページに投げてみてください。
https://marshmallow-qa.com/majikuzu_