結構前に、起業講座みたいなのを受けたことがあって、その時に自分の事業を発表する回みたいなのがありまして。参加者が口々に自分の事業を紹介してきたのですが、一人だけ妙に自分の身の上話、しかも自分がいかに傷ついて辛い思いをしてきたか、そしてそれをバネにこういう事業を起こしたか、みたいな経緯を話す人が居ました。

 他の人がバックボーン3割だったのにたいして、その人のプレゼンはバックボーンが6割くらいの内容でした。事業内容自体はシンプルで分かりやすいものでした。

 全員のプレゼン終了後に、投票形式でどのプレゼンが良かったかを集計したところ、前述の方にほぼ全ての票が集まりました。わたしは純粋に事業として素晴らしいと思った別の人に入れてたんですけども。わたしにも票はいただいてました。

--------------

 別にやっかみとかではなくて、人は壮大なストーリーや応援したくなるストーリーがあったとき、事業の良さよりも「その人の魅力、バックボーン」について強く惹かれるのだなというのが分かりました。

 わたしも会社が終わってしまったという大草原不可避な出来事をバネに起業しました、みたいなふざけた理由じゃなくてもう少しマトモなストーリーを用意してたら評価されてたのかもしれません。

 自分のやりたいことがあってソレに対して支持してくれる人が多い状態を作り出すのはとても大切なことで。わたしもその人の事業とバックボーンへの絡め方など勉強になるなぁと思いました。

--------------

 付け加えますとその起業講座、月1回6ヶ月間の講習でしたが、起業講座を経て起業した人はだれもいませんでしたことを添えておきます。件の人とわたしは既に起業してたのでカウントはされず。

 わたしは何故参加したかといえば、「起業しただけ」だったから、足りない部分を補おうと思って受けたのでした。そういうわたしみたいなのにとっては大変役立つ講座だったのですが、講座を受けて起業する、というのは何か違うみたいです。
メールするほどでもないし、かといってコメント欄に書くのも違う、みたいな質問とかありましたらこちらのPeingのページに投げてみてください。何か答えるかもしれません。
https://peing.net/majikuzu_