自分の人生クソでゴミでどうしようもなくただ惨めに生きるだけみたいな感じだったのですが色々と「考え方」を見直してたら割りと楽になったのでこんな考え方もありますよーという話をメモがてら。


■他人より遅れてスタートしただけ

 今年最初の頃の記事にも書いたのですが、私まともな家庭で育てなかったので、普通の人が出来ること「当たり前」がいつもできずに苦しんでいました。

 だけど順中満帆にうまく出自の運を乗り越えられてきた人と、割りと人に比べるとロクでもない家で育った自分とが同じスタートラインに立っていると思っていることがそもそも間違いで。

 周りに比べてダメ、じゃなくて、周りに比べて「遅れてスタートしてる」だけ、という考え方で何事も普段から取り組むようにしたらわりと気持ちが楽になりました。


■他人と比べて落ち込む時間で得るものが無いって話

 どんな事柄でも大体役に立つものだと思って受け入れていると、良いとは思うのですが、他人と比べて自分が劣っていることに落ち込む時間がまるで何の利点も自分には生み出していないという事実にガックリ。

 創作活動や何か事を起こすのには負の感情である怒りもそれなりに役に立つのですが、落ち込みは全くもって役に立たない。びっくりする。落ち込みは本当に自分の人生の足をひっぱる。

 得るものが無いことにわざわざ時間を費やすのは本当に無駄だから落ち込むのがクセなのは無理矢理やめた方が良いと思います。


■無理矢理前向きに考えるクセ

 私自身がこの考え方にとっても否定的だったのですが、前向きに捉えるのをクセに落とし込むと結構人生の不幸具合が軽減されます。

 例えば大切なものを無くした時に心の底からネガティブに普通はなると思うのですが、まぁそういう運命だったのだろう、とか、新しい大切なものに出会うきっかけなのかもしれない、とか、空元気でも良いから無理矢理前向きにとらえてみる。

 これで随分と人生が気持ちの上で楽になりました。つまり不幸というのは世の中の定義と自分の定義する「不幸」が合致するときに不幸になるのです。世の中が「不幸だ」と言っても、自分が「いやこれはラッキーだ」と思えばそれは自分にとって不幸ではない。

 逆に世の中が「それは幸運だよ」と言おうとも私自身が「これは不幸でつらいことだ」と捉えるならば、そうした捉え方をする私にとってはどんな些細な事も「不幸」なわけです。


■ネガティブ思考も使いよう

 ところでポジティブ思考ばかりピックアップするのもまたちょっと違って、不幸を感じる人は不幸に敏感な可能性が高い。つまり物事をネガティブに捉える力がある。

 人間は生存の可能性を高める上で、本能として選択肢の中のネガティブ要素を見つけて、その信憑性を疑ったり不必要なまでに否定的に見てしまうことがあります。

 粗探しとしても使われますが、ポジティブにだけ物事を見ていても仕方なく、世の中は平気で他人を騙しにかかる人間も多いため、ある一定のネガティブさネガティブマインドは本能として受け入れてやるとこれはこれで楽。

 他人を信じられるかって?信じられるわけないでしょう。その上で信じるのです(錯乱)


■諦める力 (諦めてからが本番)

 常々思うのは諦める力。絶対に諦めないことは美徳だし格好いいしそれで逆境をはねのけられたら凄いし。。。という話でもないのですよ。諦めるってそういう美意識ではないところの話でして。

 例えば日常生活として手元に200円しか無かったらスーパーで400円の惣菜は買わずに諦めますよね。何言ってんだって話なんですが、手元に切れるカードが無けりゃ普通は諦めます。

 仕事と友人との約束の時間がダダ被りになりました。どっちを諦めますか?これも普通に選択しますよね。時間が変えられないんだからどっちも、は無理で普通に考えたら「どっちかを後回しにする」ようにしますよね。

 諦めるって全然悪いことじゃないんですよ。単に「決断してる」だけ。

 なのに、どうにも諦めることに対してやたらネガティブなイメージが蔓延している。「諦めた」からといって二度とその諦めた事柄をやらないわけでもやってはいけないわけでもない。

 むしろ何もかも諦めずに一緒くたに抱え込んで身動き取れないほうが迷惑だし意味無いし辛い。諦めることはとても大切。

 これって結局「どうしても諦めきれないこと」を達成するために結局必要なんですよ。諦めたら試合終了じゃなくて、急がば回れ、ってことです。


■普段の考え方を矯正する

今までのを要約すると
・他人よりも遅れてると思って腐らず地道に前に進む
・他人とくらべて落ち込むのは時間の無駄と割り切る
・何でもかんでも前向きに捉えてみる
・ネガティブさは別に捨てなくても良い(ただし自己否定はしない)
・諦める 時に回り道する

というような内容になります。5行で済みました。
普段の考え方として「嫌な自分」が出てきた時に、上の項目を思い出して対応してみる癖をつけておく。矯正をする。その矯正はやがて自分の地になっていく。

 というとでいつも自分が不幸だと思ってしまう場合は普段上記のこと意識してるとちょっと楽になるかもです、という話でした。

メールするほどでもないし、かといってコメント欄に書くのも違う、みたいな質問とかありましたらこちらのPeingのページに投げてみてください。何か答えるかもしれません。

https://peing.net/majikuzu_