最近営業さんとか出会う人とか色んな人との会話の中で思ったこと。前も似たようなこと書いた気がするけど大事なことは何度でも残しておいた方が良いのかもしれない。



■「話し上手は聞き上手」は揺るがない事実

 ずっと言われ続けている台詞というものにはやはり、言われ続けられるなりの意味がある。

 この話上手は聞き上手という言葉は、人によっては耳にタコが出来るほどに聞かされ続けてきたことだと思う。で、やっぱりこれは真実で。

 聞き手になるのが上手い、というわけではなくて、相手が話したがるように誘導するどころか、相手が何を喋りたいのかを言葉尻や表情などから察知して話題を選んだりする。そして、相手が話し続けやすい相槌を考え、相手が喋りたい話題の中で特に何について話したいのかを掘り下げる。

 営業のプロは聞き上手であると言われている。相手が勝手に欲しい商品を語りだすというのが真の営業だと。商売にあてはめなくてもお互いがこれを意識できる関係というのはとても円満。


■口が回る人は話し上手ではない

 逆に聞き上手と違い、表面上「喋る」のが得意な人は多い。相手ではなく自分が主体なのだ。これは演説向きであり、会話とは別の能力だ。しかし優れたスピーチは演説をしながらも聴衆に参加してる気分にさせるのが上手いとされる。

 例えば定期的にクエスチョンを用意したり、特定の人を指名したりなどの参加型。会話ではないが、これは気持ちのよいスピーチとされる。あくまでスピーチ。


■人の会話に割り込ませない人

 会話の中でスピーチに徹しながらも会話に割り込む事もさせないような人も居る。これは大変に苦痛だ。相手の理解度、興味の対象、こういったものに目を向けず自分が喋りたいように喋る。相手にしてみれば拷問だ。

 しかし喋っている当人は気づかない。人は自分の話を聞いてもらえることを至上の喜びとしているからだ。だから誰かが指摘したり、別の人間の様子をみて反面教師にするなどからしか学べない。

 逆にこれらが出来ないとなると、スピーチおばけになる。人は離れていく。


■相手のことを考えよう

 前項のような事、そうは言えど自分が主導でなかばスピーチスタイルで話さなければならない時は仕事でも私生活でも結構ある。そもそも人は常に「会話したい」と思っているとは限らないからだ。

 その場合は黙るか、スピーチスタイルで相手を盛り上げる必要もある。使い分けだ。物事は一辺倒ではない。僕のようなサイコパスマンにはなかなか難しい課題である。


■ラバーダッキングに注意

 ちなみに先述した、一方的に話して気持ちよくなるという話。相手に話しながら自分の言葉がまとまっていくという不思議な体験をしたことがある人は多いかもしれない。でもこれはいわゆる「ラバーダッキング」というやつ。

 自分の言葉を吐き出しながら音声にして外に出すこと、口にする過程で情報をまとめること、こうして脳内を整理する。脳みそは結構単純に出来ていて、複数のことを同時並行に考えられたりはできない。故に思考整理術として非常に向いている。

 何故ラバーダッキングと呼ばれるかというと、ゴム製のアヒルのおもちゃに語りかけるでも出来るから。

 人と話して言葉が整理されるーと思っているなら実はそれは相手を単にモノとしてしか扱っていない可能性もある。当然相手は不愉快で出来れば二度と貴方と話をしたいとは思わないかもしれない。

 口の扱いというのは難しい。だけど話し上手を意識していると、完璧に出来ないとしても少し会話が楽しくなるはず。
VALUやってます
https://valu.is/majikuzu
色々理解してる最中。
まじめ系クズこと、まじクズが日々経営者として奮闘する記録をブログよりも濃厚に残すかもしれないし、私のブログ活動以外の側面をこちらは色々と出していこうかな…?
フォローだけでもいただければいずれ何かやるかも。