あんまり仕事出来なくて社内で黙々と作業していた私も、お客さんを前にしたプレゼンやらなんやらしてるうちに、改めてお仕事とはなんだろうというのを考えることに。そこで今一度仕事の基本て何だっただろうというのを。



■問題点を探す

 仕事相手の。顧客の。今やっている作業の。今ある環境についての問題点を探す。仕事がうまくいかない状態の時は、目の前の「自分のことだけ」を考えがち。

 しかし仕事は相手が居るから成り立つわけで。相手の顔を見ない限り、一方通行な作業にしかならない。目の前の相手、目の前の企業。貴方が今見てる相手は誰なのか。

 その人が抱えている悩みは何なのか。不満点は。弱点は。本人も気づいていないロスは。などなど。


■改善案を考える

 仕事は、世の中が抱えている問題点を探し、それをどういう形で、改善・解決していくのかを常に模索することです。

 決められた作業をする仕事もありますが、決められた作業内にも更に改善点はあります。またその決められた作業自体も世の中の問題解決するために存在しているわけです。

 大きな仕事の一部だけにジョインしてルーチンで作業していたりすると、うっかりこの仕事に当たり前の本質という部分が抜けてしまいがちだなぁと思います。


■仕事上の人間関係についても

 改善点というのは常に眠っていて、例えば手前ごとですが、私のブログ読んでいただいても分かる通り、私は伝えたい内容を短くコンパクトに表現するというのが苦手です。文章ですらコレなので口頭で話すと更に大変なことになります。

 私はこれら問題点について自分なりの改善点として
 ①話したところでまとまらないから、書いて提出する
 ②努力として、要点だけを話す訓練をする
 ③相手が聞きたいことが読み取れない時は「それは具体的にどういうことですか?」など聞くようにする
 ④自分が言いたいことをまとめてくれている人の記事とかを提出する
 
 などなどの改善点を活用することで、人とのコミュニケーションをなんとか補助しています。

 自分主体でもこうした改善点とれますし、相手を主体にしても問題点を見つけて、自分がコミュニケーションをとるうえでの改善点を考えたりします。合わない人とは結局合わないわけですけども。


■仕事の基本であり生きやすくなるための基本でもある

 仕事も人生も、問題点を見つけて改善案を提案する。それにより現状よりも快適な生活を手にする(売上を手にする)

 何か行き詰まりを感じたら、この基本的なルーチンから逸脱したことをやってしまっているのかもしれない。また何か付き合いづらいなと思う相手は、こうした事を考えておらず自分のことしか考えていないのかもしれない。私も気をつけなければと常日頃思う。

 ともあれこの基本ベースは崩さないようにすると捗る。
VALUはじめました
https://valu.is/majikuzu
色々理解してる最中。何かやるかも。
まじめ系クズこと、まじクズが日々経営者として奮闘する記録をブログよりも濃厚に残すかもしれないし、私のブログ活動以外の側面をこちらは色々と出していこうかな…?
フォローだけでもいただければ~
「仕事ができるやつ」になる最短の道
安達 裕哉
日本実業出版社
2015-07-30