これだけやめておけばなんとかなるんじゃないかーというものです。いわゆる反面教師というやつです。全部過去の自分をぶん殴る系の話です。


■他人を尊敬しない

 人間関係はまず尊敬から始まるといっても過言ではなく。相手を尊敬しないということはもうそれだけで挨拶の時点から間違っているということになってしまいます。そして尊敬されていないというのは相手も察知する。

 相手が尊敬されていないと感じれば、自分に対して警戒したり尊敬しないままだったりする。敬意のない人間関係はやがて泥沼化する。

 とはいえ泥沼化する程度の関係にすらならない。尊敬されてないと相手が思えばすぐに自分の前から相手は姿を消す。


■他人の悪口に勤しむ

 他人の悪口が何故か好きな人がいる。悪い点を探すという心理というのは大抵の場合、自分が相手よりも賢明であるとか、ようするにマウントをとり、比較優位に立ちたいからである。

 しかし相手を非難して自分を高いところに置こうとするのは、なんの発展性も無い進化も無い非常に悪いクセである。たとえマウントしたところで周囲の人間は必ず成長し、立ち止まっている人間の先を行くようになる。

 こうなると、新たに悪口を言う相手を探すか、成長した相手を認めず粗探しをするというような状態に陥る。酷く惨めな状況に陥る。悪口だけはやめよう。


■他人の批評が癖

 他人に対して「あの人はこことここが良いけど一方であそこがあーだこーだ」なんて頼まれてもいないのに人を批評し値踏みする癖というのは大変に人間関係を歪める。

 心理としては自分の評価が定まらないから他者を批評して間接的に自分を採点している。しかし自分の良さや強みや欠点などは自分自身を見つめたり壁に挑戦したりして見えてくるものであって、他人を批評するなんていうのは「あなたは何様のつもりなんですか」としか他人の目には映らない。

 他人をいちいち批評するのは自分が精神的に未熟ですと言ってるようなものであり、そんなことをドヤ顔で語っていたら周りからは失笑の対象となっていること請け合いなし。特に私みたいなコミュ障は気づくのが遅く社会に出て致命傷を食らう。


■なんでも否定から入る

 これも悪口と似たような精神状態だと思うけども。主張Aに対して「なるほどねー参考になるなーとか、いいね!」とか相手の言葉を受け止めるではなくまずとにかく「いやそれは違うと思う」と否定から始める。

 何も否定がダメだというわけではないし、むしろ否定が必要な場面は往々にしてやってくる。しかしはじめから否定ありきのコミュニケーションを由とする場合は非常に周囲に煙たがられる。


■口を開けば愚痴ばかり

 口を開けば誰かが気に食わない政治が気に食わないあそこのあの食べ物がおいしくなかった、自分の待遇がダメだあーだこーだetc…

 こういうことを続ける。愚痴ばかりの人間からは人は離れていく。代わりに愚痴が好きな人同士が集まる。しかし愚痴が好きな人というのは周りから爪弾きにされるし、愚痴る同士は影ではお互いのことを愚痴る。ロクな集まりにならず、ロクでもない集まりからは人は遠ざかる。辛いことになる。


■言い訳して改善しない

 人生を破滅させるために効率の良い方法は、言い訳をしてそのまま放置することです。

・自分が何かを出来ないことは○○のせい→だからやらない。
・このプロジェクトが上手くいかないのは○○のせい→だから自分は関係ない。
・自分はこんな性格だから○○出来ないのは仕方ない→だからやらない

 自分が何かをしないための言い訳構築がうまくなるほどに、自分の人生は壊れていきます。


■自分を尊敬しない

 自分の意見や考えを尊重出来ない人は、常に人に振り回されることになり自分の人生がメタメタになっていきます。自分の意見よりも、他人が迷惑じゃないかとか、嫌われるんじゃないかとか、そういった自分の中に作り上げた他者のイメージに翻弄される。


■プライド(自己愛)だけ高い

 自尊心と同列に自己愛というのはバランスを持って存在することが好ましいです。自己愛だけが強ければ、考えの端には常に自分可愛さが先行し、他人の利益を忘れてしまう。自己防衛や虚栄心ばかりで他人を寄せ付けなくなってしまいます。


■勉強しない

 自分が損をしない方法。相手を得させる方法。社会が得をする方法。社会に利益を生む方法。家族を守る方法。病気にならない方法。会社が成長する方法。作家性を伸ばす方法。遊ぶ方法。

 なんでもかんでも。世の中は勉強することに満ち溢れている。そして前進する人は常に何かしらを自分に取り入れ勉強している。時間やお金を投資し糧にして、さらなる時間や利益を得たり、他者や社会何より自分へ利益を寄与している。


■人生を他人事にする 他者責任

 人生とは基本自己責任。生まれた場所も家柄も育った地域も自分で選べない部分も含めて基本的に自己責任。生まれてくる運すら自己責任。なんとも世知辛い。しかし世の中の基準がそうなんだからもう仕方ない。

 自分の性格が根暗で人に嫌われようが勉強が苦手だろうが自己責任。ハハハ。つらい

 そう、誰が何を言おうが最後は自己責任。勝手に決められてようがなんだろうが最後に事実を受け止めるのは自分でしかない。助かりたきゃ自分で助けを求める声を上げるしかない。声が上げられなきゃ態度で示すしか無い。

 この事実をもってなお、自分の人生の責任は他者にあるのだと構えると、自分で制御がまるで利かない生きづらい破滅の人生へと向かう。逆に言えば人生の生きづらさとは自分の主体性をどれだけ自分の責任外に追いやるかで決まるという考え方でもあります。


■感情を制御しない

 感情に身を任せ制御しないと他人との繋がりは切れていく。特に怒りや嫉妬。他者に対するこれらの感情は繋がりを絶つといううえでは、言い方はあれですが非常に役立ちます。


■常に被害者意識

 自己責任の話と重複するかもしれませんが。自分を悲劇のヒロインにしておくことは簡単です。被害者前として構えていることで、人々は同情の声をかけてくれるかもしれません。

 しかし同情されたところで一時的に心は満たされるかもしれませんが、何か物事が好転するかといえば特には。被害者のままでいることは簡単ですが、それによって自分が何かを得るというのは難しいです。


■健康を意識しない

 精神論ばかり書いてましたが心と体は密接に結びついています。痩せすぎ太りすぎ、睡眠不足、運動不足、栄養バランスの欠如。体が不健康であれば顔つきも雰囲気も不健康になっていきます。

 健康を無視することは人生を破滅に導く意外な近道なのです。


■他人を大切にしない

 波及すれば例えば時間が守れないとかお金にルーズだとか色々あるけども、それらひっくるめて「他人を大切にしない」というのが人生を破滅に導く近道。破滅の人生を歩みたいなら他人のことなど気にせず自由に一人で生きると良いです。


■自分を大切にしない

 もう一つ何より、自分のことを大切にしないというのが破滅への近道です。自分の心を殺して、自分の管理もしないで、自分の気持を尊重しないで、体型の管理も、損をしないための勉強も、何もせずに自分を堕落させてダメにさせる。

 自分を大切にしないことこそが、破滅の道であります。

 他人を大切に