20170123_3


嫌なこと、こなしていますか。嫌なことって続けるの本当に苦痛ですよね。何で続けなきゃいけないんだろうと考えたら「仕事だから」とか「テストがあるから」とか「必要なことだから」とか諸々。だから仕方なくやる。

でも日々そればっかりだとどうにもつらい。

嫌なことについてどうやって向き合えばいいのか、出来れば楽しむにはどうしたらいいのか。これについて少々思う所を。



■好きなことだけすればいいじゃん、という悪手

意識高い人たちから「嫌なことなんてせずに好きなことだけするのが人生だよ!」みたいな言葉が聞こえてきます。別に私もこれについては賛成なんです。

でもこの考え方って、今すぐ実行するには「途中で失敗してもめげないであろう自尊心」とか「ころんだ時に支えてくれる人」とか「失敗を自分自身で乗り越えられる技術」とか色々必要なんですよ。これらが備わった人とか、無理して得た人が「好きなことやればいいじゃん」って言うわけです。

正解に行き着くまでに、情報を端折りすぎなんですね。まぁでも好きなこと置い続けた結果としてそうした特性を身につけた人も居ますから結局最後は「やってみなきゃわからない」ともなるのですが。

でも「好きなことだけやればいいじゃん」と嫌なことをなんとかこなそうとしている人に投げかけるのは劇薬だと思うし、人の心に寄り添わない酷い言葉だなと思います。


■嫌なことを楽しむにはどうしたら

・嫌なことの、その先にある対価を書き記す
・嫌なことを、楽しいことに置き換える
・嫌なことを、利用する
・他の嫌なことと、比較する


◯嫌なことの、その先にある対価を書き記す

そもそも今やってる嫌なことは何につながるのか。だいたいこういう時は目的を見失っているので、今の嫌なことが自分にとって何につながるのか再確認。将来でもいいし現実的なお金の話でもいいし。

この先に何が待ってるんだーというのを頭の中に閉じ込めておかずに、書き出す。どれくらい時間かかるかも書く。人は、目的が不明瞭なことに対して激しいストレスを抱えます。短距離走なのかマラソンなのかすら分かってない状態ならストレスもかかって当然ですね。


◯嫌なことを、楽しいことに置き換える

私は基本的にゲームが好きだし、漫画やらのコンテンツも好きだから、嫌なことをそうやってゲーム数値に置き換えたり人間関係を漫画の登場人物に置き換えたりしながら楽しむ方向もやってます。

これ結構楽しめますよ。人によっては失礼な事してるとは思いますが、嫌な事我慢してるんだからそれくらい自分の中での遊び心は許してほしいものです。


◯嫌なことを、利用する

あと最近だと嫌なことというのは反面語りたいことになり解決したいことになるから、日記のネタになるなと思って、嫌なことむしろドンと来いみたいなスタイルになりました。

それに嫌な体験って、二度とこんな目に遭いたくないっていうモチベーションにもいずれなってくれるから、利用しようによっては頼れる体験にもなってくれます。


◯他の嫌なことと、比較する

ブラック企業とかダメ親とかがよくやる「他の会社、他の家だともっと辛いぞ」みたいなの考え方です。自分が今この瞬間別のところに居て、他の嫌なことを行っているとする。それと比較すりゃあまだなんとかなるかーというように気持ちを落ち着かせる。


■逃げられない人のための心の持ちようの話です

これって心を騙すことをやってるに過ぎないから、本質には蓋をしたまんまなんですよ。嫌なことばかりしなきゃいけない環境に居るなら、相対的に見たらそんな場所からはなるべく早く逃げたり何らかの打開策を考えた方が良い。

…。

でも、それって始めに言いました通り、皆が出来るわけじゃない。逃げりゃいいとか、立ち向かえとか、それってすごく頑張らないとダメなんですよ。いわば100点を目指すようなこと。私も本当に耐えられなくなって逃げたことがあったけど、逃げたからって別に良い事ずくめじゃない。逃げた先にも嫌なことはある。

だけど心を殺してただ耐えるだけというのがつらいから、じゃあこういう我慢の仕方とか考えの変え方とかがありますよ、って方法が提示されるのも良いなぁと思うのです。

目の前のことがそれで何か解決するわけじゃないけど、目の前のことが自分の力だけでどうにかなる類のものじゃないときには、自分側の心の持ちようを変えるというのもなかなか手ですよ。