20140703
出典:いらすとや

3年書き続けて記事数も430程。怠け者の自分にしてはよく続いてるものだと思います。せっかく年も明けたことですし今のうちに昨年の事柄を整理しようと思いました。
ダイジェストのメモと共に。



■人気ランキング

上から順に人気記事です。上位30記事をピックアップしてみました。


○クズがプライド捨てたら選択肢が増えた話 プライドの捨て方

2014年の記事ですが一番読まれてたみたいです。
何かしら琴線に触れたのでしょうか。Tumblrでシェアされたりなどの効用もあったようです。
読み返してみるとなかなか恥ずかしいながら、私が変化するための原点のメモにもなっていたかなと思います。


○自分のやりたいことが分からなくなった時に見直したい3つの事柄 

やりたいこと探しっていうのは普遍的なテーマのようです。


○クズでバカな人間が一人で生きていく方法 

ほとんど検索流入。一人では生きていけないということに気づいた時のメモみたいです。


○厄介な自尊心と自己愛の話 自尊心を養うには 

自尊心が無ければ行動も何も出来ない。じゃあ自尊心って何をしたら手に入るんだろうかというのを割と自分なりに理論的に噛み砕いてみた次第です。


○「誰からも嫌われたくない人」がいつの間にか陥る「嫌われはしないが好かれも信用もされなくなる」習慣 

世の中の大多数はそれほど自分に関心など持ち合わせてない、という事に早めにきづけると強かったりする話。


○真面目系クズが「何のために生きているのか」を考えるということ

潜り込んではいけないテーマについて解説してます。何のために生きてるかなんて根本たどればせいぜい「死にたくない」「苦しい思いをしたくない」くらいにしか行き着かないのですから。


○WEBブラウジング中にgoogle chromeのタブが勝手に開くので原因を突き止めた(雑記)

意外と同じ症状の人が居たようで、定期的に役に立ってる記事みたいです。


○真面目系クズはこれを読め! 最強伝説黒沢に学ぶ人生哲学

大変おもしろい漫画ながら福本先生が描く、アカギやカイジなどよりは知名度が低い漫画なんですよね。理論よりもパッション(感情)についての哲学が、情けないおっさんが一念発起するという題材を元に描かれているので大変面白いです。


○簡単に捨てられるなら苦労しない、プライドの話

これはおそらく「クズがプライド捨てたら~」に関連リンクした記事だったからなのだと思います。題名通り、簡単に捨てられないからどうしたらいいのかという話。


○センスの磨き方 凡人はどうしていけばいいのか

割と色々なジャンルに触れている間に、センスっていうものの仕組みとかが見えてきたのでそれをまとめた感じです。


○信用ってどう得るのだろうかと考えさせてくれた人の話

仕事のやりとりのなかで、信用出来るなぁこの人、って思わせてくれた人を見て思った事のレポ。


○出会ってきた優秀な人達にある程度共通してたこと

これは確か、外の人にたくさん合うようにして感じた部分のまとめ。定期的に読み返したいなぁと思う内容でした。


○意識低い系と意識高い系と自己調整

メリハリつけようって話でした


○真面目系クズが勘違いしている「責任の取り方」

謝罪したり舞台を去る事を責任とする人達を私たちはメディアなどを通してたくさん見てきたのですが、そんなものは責任でもなんでもないから気をつけないとーって話をまとめました。


○コミュ障・発達障害が会話で何故失敗するのか その時脳内で起こっている出来事と改善方法について

脳内で主語や仮定をショートカットして、自分が良く見られようとすることばかり意識して会話が成立しない状況を、文脈に沿って説明してみました。


○30年間、人との距離のとり方が分からなくて生きるのが大変辛くて苦しんでいたけど少しマシになった話。ならびに栗原類さんの発達障害告白に対する周囲の反応について思うこと

栗原類さんの告白は大変に良かったのですが、時が経てばすぐに風化してしまう話題です。でも発達障害ってこれから更に社会問題になっていくと思っているので私的には重要なテーマであることに変わりないです。実際経済がもうイケてない状態で、各々の能力を平均的に伸ばすよりも得意分野伸ばすなど、個人個人をより活かす方向に社会が切り替わる段階になって、いままで蓋をしていたこの問題は顕在化すると思いますので。多分、自覚有無に関わらず多いはずです。


○真面目系クズは克服できるのか・改訂版

もうちょっとマシな文章に更新したいのですが、意外とアクセスがあるみたいです。


○物事がうまくいかない事をとりあえず「自分のせい」にしてしまう人

過去の自分を振り返ってみて。自分のせい、って一番楽なんですよね。自分が苦しむだけで済む(と思ってる)から。


○人は「変わる」けど「変えられない」

他人を変えようと躍起になってる人は自分を変えるほうが早いのだという、割と昔から言われてる事実を実感したことについて。


○他人の陰口悪口をやめる&そういう人から遠ざかると、結構幸せっぽい人生になりはじめた話

これは結局その人との付き合いを通して自分もその要素に影響されてしまうという考え方でした。悪口ばっかりの人と付き合うのはホントに良いこと無いです。


○鬱っぽいと思ったらやることリスト

たまに来る、あの「うつっぽい」状態の対処。尚本当に鬱なら病院にいって処方箋と主治医とのカウンセリングを。


○自分を変えたい、まじめ系クズのためのマインドログおさらい&更新

自分の記録をメモしておいて定期的に読み返すと、自分というものが分かってくるので是非やろうやろう、というのを実体験を通して。でも日記書くのホントに大事だなって思ってます最近。


○鬱っぽいときに気をつけたいこと

また鬱記事来ました。趣旨が今度は具体例を上げたりなどしてます。


○コミュ障な私が困っている、情報共有の上手い下手

コミュ障自覚してる自分がよくやってしまう、相手への情報不足な伝達方法についての反省ログ。キーワードは常に「相手が返球しやすいようにボールを投げられるか」


○「趣味は仕事にしないほうが良い」は本当か?

なんか偉そうなこと書いてます。色々な角度の考え方があるので一つの参考にはなるのかも…。


○「環境のせいにするな。甘えるな。」真面目な人ほどこの言葉に注意

人間の行動原理とかって、だいたい環境のせいなんですよねぇ…。そこが軽視されてるの、非常にアレだなと思ってます。


○「何のために生きてるのか」「やりたい事がみつからない」から開放されよう

ようは私達がこの悩みに直面するのって、「死」から随分と遠ざかったからなんですね。でも格差の広がりによって、死が隣に無いのに貧困だから辛いことばかり考えるようになってしまう。
なんて考えても仕方ない。ようは考えると深みにハマるから、楽しいことをもっと探したり他人を喜ばせる事をしたほうが巡り巡って、やりたいことも生きる目的も向こうからやてくるよーみたいなそんな話でした。


○「損して得取れ」は結構正しそうだと実感してきた

どうしたって何かを成そうとするなら、最初に自分から進んで損をするしか無い。
ただこの記事から少し考えが変わったことについては、徹底的に効率化した方が良いと思う事でした。効率化して自分は直ぐに抜けだして、また新しい効率化したほうが良いものを見つけて。沢山の人が損してるのを、自分が効率化して解消するのって、良いことだと思いました。そのために最初は自分も損するってのは変らないのですが。



■その他データ

○性別について

男:女=52%:48%

ということであまり差異は無いようでした。


○年齢について

1.25~34
2.18~24
3.35~44

年齢についてはネット接続人口に比例している気がするのであまり参考にはならないかも。


○ブラウザとOS

1.Safari
2.Chrome
3.Android Browser
4.Internet Explorer
5.Safari(in-app)
6.Firefox

1がダントツ、次いで2。
3で少し下がって、4から一気に下落。

殆どがiPhonenとAndroidでのアクセス。IEとFirefoxによるアクセスがPC。
アクセスの75%をスマホが占めるようになりました。
昨年が7割、一昨年が6割強。
おそらく2015年でスマホが主要アクセス世代にほぼ行き渡ったであろうことを考えると、今年度以降もスマホ割合が増えていく場合はPC・ノートPCなどの需要が更に縮小していっていることが読み取れます。

ちなみにAndroid端末でのアクセス推移は、ほぼXperiaシリーズに集中しました。強い。かろうじてARROWSも健闘。

○アクセス数(pv)について

2015年 1,600,000pv
2014年 800,000pv
2013年 50,000pv

あまり伸びはよくないです。昨年はのんびりとした更新だったので仕方ないです。




■おわりに

2014年の記事が結構多かったです。集計は2015年1月~12月までなので、2015年に書き始めた記事に比べればアクセス機会は多いのである意味当然の結果とはいえますが。

ともあれこうして振り返ってみて、自分の変化や変わらない部分なども見つけられて、やっぱりログを続けることって意味ある事だなぁと改めて思いました。オフラインでもなんでもいいから、自分の脳の情報を定期的に吐き出すのはホントにやった方が良いと思ったりするのでした。