20140703
出典:いらすとや

なんと、もう、11月、です。
年末に向かって確実に時計の針が進んでおります。
何かやり直したことはございませんでしょうか。
私はありまくってヤバイです。
というわけで10月の気になった出来事まとめ。


■ニュース

○米の砂漠にゴーストタウン建設計画 最先端技術を実験

http://www.asahi.com/articles/ASHB91Q3QHB9UHBI001.html
ゴーストタウン建設ってなにかと思ったら、
自動運転などをテストするための無人の町を作るって計画らしいです。
スケールが違いすぎる…。
それにしても自動運転実用化の流れは着実に進んでて期待感がありますね。
自動運転車に乗るための免許なんか取得する未来が来そう。

○「五輪にはボランティアで働けるエンジニアが必要」発言の真意を聞く

http://japan.zdnet.com/article/35071996/
言いたいことはわかるが、結論が何故かボランティアに行き着く怪文。
サイバーテロへの予算を割かない政府への批判だとは思いますが。


○拒否します…自分のマイナンバー、ブログで公開

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151028-OYT1T50010.html
私もマイナンバー調べたんですけど、日本のマイナンバーてやっぱり
「個人の銀行を介した収支を監視する」というものでしかないんですよね。
なになにの手続きを便利にする系だって特段優れたものでもない。
住民票コードの延長でやれそうなものなのに。

なのでマイナンバーは「IT関連の公共事業であり、国民の収支の監視が目的」というのが正解っぽい感じ。
そんでITの公共事業は今後も増えていくんじゃないかなーと妄想。


○FOMCと先物市場、米利上げ時期めぐるの見方の違い鮮明に

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NVQAQ36K50XS01.html
先日の米国雇用統計に関しては前回から一変して回復傾向に転じているとのことから
市場は結構前向きに。
とはいえそうなると12月の利上げの可能性がまた少し出てきたともいえます。


■技術芸術コンテンツ

○実はめっちゃ面白いクトゥルフ神話TRPG に

TRPGといえば、元祖ドラゴンクエスト以前は日本で一部層には結構流行ってたみたいです。
で、そのTRPGリプレイ音声にアニメタッチの絵(たまに動く)をつけたのがこちら。
これ、興味深いのが「全部素人なのにめっちゃ面白い」という事でして。

優れた脚本なんかは既にある程度研究され尽くしてきた感が出てきてるんですよね。
同様に優れたアニメーションなんかも。どういう動きを見ると、人は気持ち良いと感じる?みたいなの。

既存のコンテンツ業界には既に「完成の型」みたいなものができつつある。
「こうしたら泣けるよね」とか「怒るよね」とか。

しかしこの「素人が起こすランダムな行動と笑い」というのは型があまり無い。
予測が出来ない、予定調和が無い、だから面白い。

コンテンツは、予定調和が生まれてそれを壊して、の繰り返し。
アニメ映像コンテンツとして、ゲームコンテンツとして
新しい融和の形になるのかもしれないと思いました。
とはいえこれも成功の型みたいなのがまた研究されていくのでしょうが。


○「約3年で1,180万円を稼いだ、いま広告収入は月100万くらい」地味だけど寿命は長い「電卓アプリ」実際に効果があった5つの施策。

http://appmarketinglabo.net/calculator-1100man/
パイの大きな分野を狙いに行くとか、細かなアップデートを続けるとか
実に堅実な戦い方。とはいえ勝者のロジックだとは思いますが。


○高2男子が趣味で作るジオラマが凄すぎると話題

http://togetter.com/li/883538
お菓子のパッケージなんかをスキャンして縮小して切り取るという荒業を、
私は全く思いつかなかったので自分の脳に常識が生まれてしまってるんだなと感じた。
考えれば当たり前のことなのに…。
そういう部分から私は大きな気づきを得られ、すごいなぁと感じました。


○【段ボールで】災害などのとき袋麺に直接お湯を注いでそのまま食べるためのツール試作しました【どこでも作れる】

http://togetter.com/li/895808
日清食品の袋だと、お湯を入れても衛生上問題無いそうです。
袋にお湯投入なら洗う手間もないし割と100均とかで商用イケそうな気が…。


■コラム

○童貞率・処女率の増加と『恋愛の仕方』がわからない若者たち

http://lacucaracha.hatenablog.com/entry/2015/10/24/020647

○恋愛の仕方を学ぶために49万円もする『恋愛講座』がヤベェwwwwwww

http://jin115.com/archives/52105423.html

2セット記事。
昨今効率化が更に進んでいく中で、私は人との対話とか政治力とか諸々。
恋愛観の多様化がどうこうじゃなくて、根底に他人に対しての
敬愛とか親愛とかそういう部分をおざなりにしているのがちょっとなーと思ったりします。
っていうか、愛とか美徳とかを抜きにした効率化って実は全然効率的になってない。
むしろ人間の感情を無視することで非効率化ばかりが起こる。
こういった記事をネタにするんじゃなくて割とガチでちゃんと取り組まれるようになっていくといいのなーと思ったりします。
特に恋愛部分なんて親も学校も教えてくれないから、コンテンツによる模倣に走りがち。
有害図書指定を頑張るよりも、恋愛の教育頑張ったほうがいいんじゃないかと。


○「閉じたコンテンツ商売」に未来はない~猪子寿之氏が語る、デジタルと作り手のいい関係【特集:音楽とITと私】

http://engineer.typemag.jp/article/inoko_mii
「儲からなくなったのは、販売店だけ」という指摘はごもっともな感じ。
でもコンテンツ製作者も作れば当たる時代ではもう無いから、
流通やCD売上に依存しない自由な販売スタイルを確立しないといかん感じでしょうか。
音楽1曲のためにお金を払う文化は着実に衰退しそう。

最近GTA5をやってたんですが、プレイヤーがクルマに乗ると18局くらいのラジオ番組から好きな局を選んでBGMに出来るんですね。
もしも、このラジオ局をカスタマイズで購入して自分の好きな曲ばかり流れるようにするためにいくらかの課金が必要ですよーと言われたとしたら、お金払うかなと思います。
課金のスタイルが買われば、私はまだ音楽にお金を全然払うな、とふと思ったのでした。


○そんなにプライベートを犠牲にして大丈夫?

http://r-kurain.hatenablog.com/entry/2015/10/28/090554
プライベートを利用する勉強は楽しいものにした方が良いと思われます。
じゃないと心が折れちゃう。
でも仕事楽しいならプライベートでやる勉強はちょっと大変なものをやってもいいのかも。
バランスの問題。


○【漫画】シモダテツヤと私

http://omocoro.jp/kiji/68347/
顔のパーツが中央に寄ってることでお馴染みの地獄のミサワさんが描く
オモコロと呼ばれるおもしろWEBメディアのリーダー・シモダさんとの馴れ初め。
シモダさんコミュニケーションの天才っぽい。

特に就活の時に面接で自分の会話録音して、後で聞き直しながら楽しみながら自分の会話の癖なんかを直そうとしている姿勢は、すごい。
本当に好きじゃなければ真似が出来ない域である。


○プログラミングの勉強を始めたときに、文系が挫折しやすい7つのポイント

http://paiza.hatenablog.com/entry/2015/10/20/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E3%80%81%E6%96%87%E7%B3%BB%E3%81%8C%E6%8C%AB
プログラミング勉強が目的になると辛くなるという部分まったく同意でした。
しかし私達の勉強方法ってこれしか教えられてこなかったっていうのが不幸というか…。
実際勉強なんて自分が一番飲み込みやすいスタイルにハマっちゃうのがいいわけでして。


○夫が農家になりたいと言い出した。

http://anond.hatelabo.jp/20151006130643
よく、30過ぎるとそれまでやってきた仕事なんかがその人にとっての軸足になると言われます。
その軸足をもって次のステップに進むのが一般的ではあるのですが
その軸足と無関係な職種にとびこもうとしているのであればそれは単なる逃避。
というか疲れていたり職場の人間関係が崩れてたりのサイン。


○会社員がスーツに望むこと

http://anond.hatelabo.jp/20151008094524
高温多湿、最近では亜熱帯化しつつある日本で通気性の悪いスーツ&革靴は狂気の沙汰。
なのですがなかなか理解されないんですよね…。


○脳にとって手や指を使わないとどうなるか?

http://www.siraberu.biz/kioku/59_1.html
手って人間の体の中で脳に次ぐ神経の集合場所みたいでして。
ここを普段から使うことを意識しているとボケ防止に役だったりなんかもするみたいです。
プログラマの方々って普段からすごい勢いでキーボード使ってるから頭の回転早いのかな。


○絶対に裏切らない人が欲しい

http://anond.hatelabo.jp/20151005193938
自分が絶対に誰も裏切らないぞーってならないと、無理な話なんですよね…。
人間関係はいつもミラーリング。

○ネット民注意! 非モテアピールが招く「モテない自慢のジレンマ」とは?

http://togech.jp/2015/10/05/28315
お金ないーって言い続けるとお金が本当になくなっていくのと同じ。


○松本人志、ホリエモンの「寿司職人が何年も修行するのはバカ」に持論

http://news.mynavi.jp/news/2015/11/08/118/
東京にはすしアカデミーなる、最短で2ヶ月で寿司職人になれる学校もあったりして、テレビ番組でも特集組まれたりしてました。
割と「昔からそうに決まってる」っていうのは、昔の社会情勢やシステム的に「そうせざるを得ない」だったりするのも多いので、そこら辺意識して昔の常識とか見てると面白い発見が出来たりしますですはい。

○まだ?って言う人嫌い

http://anond.hatelabo.jp/20151031213034
管理職でたまにいかんなーと思うのは「自分の基準」で仕事を考えちゃうこと。
自分の基準からしたら仕事で曖昧な部分は後々トラブル避けたいから全部聞くし
スケ遅れそうならいちいち報告入れるし。
そんな当たり前のことが普通に出来ない人にイラっとする。
でもスタッフ側からするともっと定期的に確認入れるなりしてほしいとからしい。
信頼して任せていたつもりでも人によってはしっかり管理されてないと感じるみたい。

この案件に関しても、スタッフ側が
「いいですよー大体2日はかかりますけど締め日いつです?」
って聞けば解決するのに、それが管理者側の責任になるらしい。

なかなか難しい。


○武井壮「プロの収入や待遇を知らずに中高大の10年間をスポーツに費やす無計画はダメ」と持論

http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/04/takei-so-sports-salary_n_8469544.html
「無駄な努力」っていうのはあまり無いんだけど
「効率的な努力」と「非効率な努力」というのはあると感じてます。
例えばその人の適正に合った努力であるかとか、
その努力の先に何が得られるかを計算して、その上でがむしゃらに努力するとか、
そういうのが頭の片隅にでもあるかどうかという話。

…とはいえ、オッサン達は加齢と共に大体保守的になる。
あの時もっと無駄な努力をしていなければ…と。
勿論経験談を活かすのは大事だけど、
大事なのは自分のやってきたことを無駄だと切り捨てず、
自分の人生に打った点の一つだと思っておくことなんじゃないかと感じます。




■テクノロジー

○「ドローン運動会」を開催

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_98998
実に未来的。
VRヘッドセットと映像リンク出来るようになったりすると
レースゲームの時代に革新が起こりそうです。


○Windowsのゴミ箱を「作業フォルダ」として使っている人は意外といるらしい→驚愕の声続々

http://togetter.com/li/892609
実際これだけ高性能なスマートデバイスを皆が持ち歩いているようになって、PCは最早時代遅れでしょう。
なので若い就業者にもPC扱えない人が増えるのは今後明らか。
意外とこれからは無視できない問題。


○液冷採用。デスクトップPC代わりにも使える8コアスマホ「Lumia 950 XL」

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151007_724454.html
今までのスマホはクリエイティブな部分ではどうしても扱いにくく。
やっぱり画面の大きさが小さいのがね…。
しかしデスクトップPC代わりにも使えるようになってくると話は別。
いよいよもってPCが必要ない環境が構築されつつあります。


○「マインクラフト」が公立小学校の授業に初導入! 「算数」「社会」「理科」「図工」などで活用の可能性探る

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1510/27/news098.html
レッドストーン回路を使い、自動ドアやレールガンを作れとか言われるんでしょうか。
色々フリーダムで楽しそう。

○Microsoft、HoloLensの開発キットを3000ドルで2016年Q1にローンチ予定

http://jp.techcrunch.com/2015/10/07/20151006microsoft-to-ship-hololens-development-kits-for-3000-in-first-quarter-of-2016/
約32万円。
ただ、PC部分が内蔵されて独立して動作するみたいなので、高価なのも納得。
これならまだまだ一般顧客に向けた販売は先になりそう。
VR端末は既に4~5万円で着地点を見出したので、AR技術の先行きは今後気になります。


○Adobe MAX 2015で発表されたアドビの新技術が凄すぎて会場が狂喜乱舞〜スニーク・ピークで発表された未来の11の技術

http://ics-web.jp/lab/archives/9704
主に今までデザイナーがくっそめんどくさがりながらやってた工程を極力ソフト側で補おうとするものでした。
使ってない人にとってはなんのこっちゃな技術がてんこもりでしたが
十数年使ってる私みたいなのにとっては「よくやったAdobe!」と思うと同時に
この技術で食ってた人は死ぬなーと思うでした。






■いちおし


○若者が職に就けない問題は世界中で発生しており10年以内に6億もの仕事が新たに必要

http://gigazine.net/news/20151015-job-shortage-for-young/
労働で資本を稼ぐ経済が発達していて、先駆者達はそれなりに達人が増えてる。
なのでそんな達人たちが若者に求める要求レベルは凄まじく上がってます。
人間的なレベルの部分でもそうですし。
若年層が付け入る隙が無い。
しかも長寿になってるし60歳以降も働くの推奨しだしてるし。
となるとこの経済圏に所属できない若者たちが、消費しない新しいクラスタを作るのは必然で。

一人の天才が何十人何百人を食わせる時代に。
日本で言えば昔の家長システムに戻る気がします。
家長以外はそんなにお金を持てない。それが普通。

私的な今後の人生設計の一つとして思うのは
・天才(人は勿論、組織でもシステムでも)を見つけて友達になったり所属したりする
・希少価値のある分野の秀才になる。町一番とか界隈一番とかに。
・現在お金持ちの人と沢山つながる
・自分の旗を常に立てておく
ここらへんの徹底だと思います。
ハンパに勉強して周りの人並に頑張った程度じゃもうどうにもならない感じ。

そんな時代に向かうにあたってコミュ力はますます重要ポイントになるし。
絶望的にその能力が無いならとにかく死を覚悟して勉強しまくる感じ。

世界的な戦争や太陽風による電子機器一斉死亡でも起こらない限り
ゆるやかにそんな世界に向かいつつあるんじゃないかと思うのでした。


○「指示待ち人間」はなぜ生まれるのか?

http://togetter.com/li/895830
会社は学校や家じゃねーんだよと言う人も居ますが、別にそんなに変わらないと思うんですよね…。
ヘタしたら家族よりも長年同じような人と仕事する可能性もあるわけで。
結局家族だろうと組織だろうと集団コミュニケーションをとるのは変らないので、子供に対する教育論と同列に語ってもいいと思われます。

そんなわけで子供の教育と同じで、失敗に対してチクチクと怒り続けたり、
逆に未然にフォロー入れまくったりすると「別にこれ私がやる必要無いんじゃない?」と、
指示待ち集団が完成してしまう。

「出来る人」ほどこれに悩むらしいです。
でもこれからの「出来る人」ってもしかしたら記事のこういう、
いろんな人に「考えさせる」力を持つ人が強くなっていくのかも。



■あとがき

「一緒に堕落しましょう」
「一緒に無気力になりましょう」

いつでも悪魔の囁きはどこからかやってきます。
なかなか強い人って居ないから、周りの環境次第ですぐに取り憑かれてしまう。
悪魔に翻弄されないためには、沢山の書を読み、人と出会い、学習し。
これを生涯続けるものとするしかないのでしょう。

抽象的な話でアレなんですが、人間は環境次第で確実に腐るし
そんな事例を日々見かける事がございます。
何度も何度も触れては非難を浴びるのですが、人間なんて所詮環境適応生物です。
その環境に着目し、そこをどう自分でカスタマイズしていくかが鍵と考えます。

付き合う人間次第で口は悪くも良くもなるし
モノがおおけりゃ部屋は汚れ、何も持たなきゃ汚れない

自分が何で構成されているかを知るのはとてもとても大切。
そんなわけで残り2ヶ月切りましたが2015年を楽しみましょう。


ピアジェとワロン―個的発想と類的発想
浜田 寿美男
ミネルヴァ書房
1994-10