20140703
出典:いらすとや

 久しぶりに火曜日にニュースまとめを更新出来ました。もう少し仕事のあっぷあっぷ具合を解消して、また月曜日にしっかりと記事構成できるようにしていければと思います。

そんなわけで先週気になったニュースを消化してまいりましょう。


■ニュース・経済・ビジネス・サービス・仕事

○鳩山元首相、6月に訪露へ 「プーチン大統領と会う機会出てくる」「普天間移設は国外しかない」

http://www.sankei.com/politics/news/150410/plt1504100039-n1.html
 この人は最近、ネットスラングの「無敵の人(関連記事)」とは別の種類の無敵の人なんじゃないかと思ってきました。本気で自分が世界を帰られると思っているし、そのために誰に何を言われようと、死ぬことすらも恐れていないような感じ。本気でノーベル平和賞とか目指していそう。正直もう狂人にしか映らないので常人のモノサシで測っていてもただただ疲れるだけになりそうですから、構わない事が一番なんじゃないかと思うのでした。


○イルカ約150頭打ち上げられる 茨城

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150410/k10010043721000.html
 調べましたけど、これは地震とは全く直結しない現象みたいです。ストランディングっていうらしい。これが集団で起こるとマス・ストランディング。イルカは音波等を感知して地形把握して泳いでいて、何らかの影響でこれがズレれてしまったとき、座礁してしまうみたいです。
アメリカ軍の潜水艦実験の海中の爆音により方向感覚を失ったイルカ達が器官に損傷を受けて方向感覚を失うなんて報告もあるみたいです。

何にせよマス・ストランディングの数日後に大地震が起こったのは三陸沖地震くらい。しかもストランディング自体は島国日本では別段珍しくない現象の模様なので、過度に騒ぎ立てる必要は無いみたいです。


○リニアは日本をどれだけ狭くするのか?

~到達所要時間ビジュアライゼーションマップに挑戦~
http://docs.yahoo.co.jp/info/bigdata/special/2015/01/
 現在地から目的地の所要時間や料金なんかをヒートマップ化させて可視化させる計画。こりゃ面白いデータ活用事例です。


○SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。

https://kobe-tshirt.com/black-hat-seo/
 調べ物をしているとたまーに、製品名と一切関係のない説明を書いてるよくわからないゴミみたいなサイトを見かけることがあったのですが、この記事でようやくすっきりしました。

ようするにgoogleの検索ロボットに最適化させたWEB文章を制作するいわゆるSEO業者と呼ばれるところに依頼したレポート。このしゃちょさんはこのレポートを書いたおかげでSEO屋に依頼した以上の宣伝効果を結果的に得たというのを考えると、転んでもただで起きないって心構えは大事だなぁなんて思いました。


○日本交通、タクシー客に動画広告 視聴なら割り引き

https://newspicks.com/news/907935/
 タクシーにのって広告動画を見ると割引がかかるという、リアルクリック報酬型広告。これもIoTというべきなのでしょうか…意外と流行りそうな形式な気がします。はま寿司とかみたいにモニタで注文するスタイルの飲食店等と相性が良さそう。


○新車販売、アクア 3年連続トップ、軽トップの タント は僅差の2位…2014年度車名別

https://newspicks.com/news/908712/
 このランキングが示すのは、趣味で車を楽しむ層というのがいなくなっているということ。足として使いやすいかランキングでした。日本人全体の所得はまだまだ減少傾向にあるし、スマホの方が車よりもはるかに優れたデバイスだから仕方ないと言えば仕方ないといいますか。

この辺EVの激安カーが市場に投入されてくると事情も変わってくるとはおもうんですけども。

とはいえ燃費ばかり注目されがちなプリウスですがパワーモードで乗ると、下手なミドルセダンよりも良い踏み心地が得られます。G,sシリーズなんかもTOYOTAは投入していて、エコもスポーツも行けるというスタイルを模索してるようです。なんだかんだTOYOTAは強いです。


○英国は実践する投資教育、日本は義務教育にすべきか否か

https://newspicks.com/news/913216/
 子供の頃に勉強しておきたかったなぁというのは投資や資産運用の勉強です。どんだけキレイ事言おうとやはりお金isパワーなんです。潤沢な貯蓄があれば転職の余裕も勉強の余裕も出来る。

そういうわけでお金に関する教育は義務教育課程にあるといいなぁとは思いました。最低限家計簿つけるとかでも。

問題はそれを教えられる教師がおそらく義務教育課程には居ないだろうということ。先生方は税金で食ってる人達だから就労したりビジネスでカネを得るという感覚が無いから。

かといってそういう塾とかは……ロールプレイ出来る塾あったら面白そうですね。



■考え方・コラムなど

○この女をバカにしたコピペ、実は男の方がウザいよなwwwwwwwwww

http://ikeike2ch.jp/archives/36459978.html
 有名な「車のエンジンがかからない」のコピペ。女が男に、エンジンがかからないという電話をするのだが…。
電話で症状を確認する男。壊れて困ってることを共感して欲しい女。二人の絶妙な噛み合わなさが的確に男女を表しているということで人気なのか定期的に目にします。

とはいえ男にも相談したいときがあったり女性にだって本当に解決したい時があったりで、単純なジェンダー論という話でもないのですね…しかしながら、それらを聞き分けられる人はとてもモテるので、是非是非ベストアンサー探しばかりではなく、話を聞く能力も得られると、人間関係円滑になりそうですね。精進したいです。


○アフィリエイトでお小遣い稼ぎたい方は、アフィリエイトサイト作りなさい。こんなブログはダメです。

http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=18989
 どうもブログで心底どうでも良い自分の身内にしかわからないような事を書いて儲からない儲からない嘆いている人が居ないでもないような気がしまして。私も全面的にこの記事に同意なんですけど、ある程度お金稼ぐ意識あるんならただただ日記つけてるだけじゃ儲かるワケがないんですよね。
そういうわけで、ただただ本当に日記つけて儲かるかもって思って「あーやっぱ儲からないわ」って言うのはちょっと待ったと思うのでありました。


○【Vol.2】日本人は「意識高い系」ですら、全然努力していない

http://contents.newspicks.com/news/916766/index?app=true
 タイトルで損してるけど中身はまぁ普通の事が語られていました。35才~40才くらいから頑張りがきかなくなるっていうのは周囲で働いている人達を見ていてもやっぱり感じます。
結局僕らは10代~20代までに沢山苦労したり勉強したりしてストックしてきた貯金をベースに以降の年齢を過ごすのだと思います。そのストックは単純な行動力とか基礎体力とか、勉強してきた内容とか、精神のタフネスさとか、人脈とか、価値観とか。
ありとあらゆるものが若い年齢に蓄積される。

別に苦労を我慢しろって話ではなくて、自分で意識してようとしてまいとやっぱりその結果は加齢とともに現れてくるとは思うのです。というわけでまぁ笑われてもいいからやっぱり行動出来る間に、脳のスポンジがまだ水分を吸収できる間に、できるだけ沢山行動したほうが良いのかもですね…。

ちなみに私の中での意識高い系の認識は「努力できない代わりに、意識の高さをアピールすることで自尊心を保とうとする状態」と思ってます。その意識が高まったことで結果的に努力できるようになる場合もあるので一概に悪だとも思わないのですけどね…。ただ頑張ってますアピールは本当に何も生み出さないのでできるだけ流布はしないほうが良いとは思います。


■その他ライフハックやテクノロジー、デザインなど気になった記事

○髪と形 作画資料ブログ

http://kamitokatachi.hatenablog.com/
 色んな角度の人間含めた色々な動物の3Dモデル画像が掲載されてます。デッサン等のお供に。


○次期「Android Wear」、「iPhone」に対応か

http://japan.cnet.com/news/service/35062971/
 AppleWatch触ってみました。なんやかんや時計があんなに高機能なのは楽しいですね。完全にスマホの拡張デバイスっぽかったですが。そして、やっぱり高いかな…とは思ってしまいました。だって一式揃えたら余裕で10万オーバーするわけですから。今日日ノーパソが5万以下で買える時代なわけですし…。

そんなわけでAndroid Wearのこの情報は朗報…? iPhoneにも対応な拡張性はかなり良い。これで1万前後で手に入るならちょっと考えたくなります。


○Gear VRって何がスゴイの?Unity、Oculusの両エバンジェリストが語るスマホでできるVRの未来

http://www.moguragames.com/entry/tgs_gearvr/
 こちらも店頭で体験してきました。OculusはDK1の頃から触ってますが、いやはや解像度がものすごく鮮明。これがVR初体験だったらかなり印象も違ってきそう。あとヘッドセットに左・右クリック操作が出来るボタンがあってかなり良いです。なによりもやはりコードレスで60fps高解像度コンテンツを体感できるというのが良いですね。
全国のヨドバシカメラのGalaxyブースで体験出来るみたいです。
ただ、正直VRデモを体験したことない人だと、ヘッドセットとヘッドホンだけがポツンと置いてるあのブースの様子に躊躇する気がする…w 思い切って近くの添乗員の人に聞いてみるのが良いです。


○なりきろいど

http://narikiroid.moe/
 自分をビデオチャットで撮影して、相手にリアルタイムで表情とか動きを別の3Dモデルに置き換えて通信できる技術。データ間交信についてはかなりうアバターの世界が実現してます。すごい。


○科学技術とSF――2人のSF作家は語る、その過去・現在・未来を (1/3)

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1504/07/news017.html
 最近日本のSFが面白いみたいです。テクノロジーでできることの未来がより鮮明になってきた今だからこそSFの時代…なのかも。SFには今後のヒントが色々詰まっていると個人的に思ってますので、そんな作家二人の対談ときたら一読の価値ありですよ。


○ドアが透明タッチ液晶の冷蔵庫、中国BOEがデモ。医療向け98型8K液晶も出展

http://japanese.engadget.com/2015/04/09/boe-98-8k/
 透過ディスプレイの具体的活用事例って何が出てくるかなぁと思ってたらこれは面白いですね。たしかに冷蔵庫はホワイトボードとかで何かと書き込む習慣があるし、あとは開けずに中身が見れることで節電効果もあるし。



■今週のいちおし

○会社を"見限っている"人のほうが出世する

http://toyokeizai.net/articles/-/65210
 これ実感してます。本気で辞めるつもりで働いたら何故か出世してしまいました。何故かっていうのは明白で、会社に保身を求めないから、役員さんたちが求めてる事を言えるようになったというか。
以前は保身を求めてたからおべっか使ってたんですよね。でも、会社員の地位守りたければある程度のおべっかは使ってこそ社会人的な話にはなってきて、そんなのがだんだん増長してドロドロとした社内政治が生まれてしまう。
意思決定が鈍くなり、互いが互いの顔色を伺って。出る杭にならないよう内部の文化を構築して、次第に新しい事にどんどん疎くなって。だけど内部で求めてるのは全部逆なんですよ。だけど、出来ない。出る杭になることが危険だから。
そういう時に会社から離れようと精力的に動いている人は魅力的に見える…のかもしれない。辞めるつもりでいるから別に出る杭になろうがどうぞご自由にって思ってるわけですから。

それから、経営の事考え続けてたからなのか経営陣と話がしやすくなったというのもあるのかなと。どうせ自分のような人間は転職なんて無理だろうから会社辞めたら独立しかないだろうなぁと考えると一気に現実が見えてくる。社員を雇うにはどれくらいの費用が必要なのかとかとりあえず食うための事業は何をしたらいいだろうとか…。
そんな風なのをやってるうちに「会社がなんとかしてくれるかもしれない」って思ってた会社員時代とは随分と考え方が変わりました。

そんなわけで会社辛い人は、会社でどううまくやろうとか考えるよりもいつでも辞められるにはどうしたらいいだろう?っていう部分で考えていると、だんだんと会社とかどうでも良くなって自分の生活にシビアに向き合える気がするのでオススメかなと思いました。

そしてそのシビアさは結局会社で生きるために実は必要になったりもするのやも。




■編集後記

 久しぶりに物量的に全く追いつかないので渋々寝ないで作業してみました。そのおかげでなんとかなったにはなったのですが、やっぱりその後の身体へのダメージがかなり大きいです。寝ても寝ても体力が回復しないし、寝過ぎたら頭痛くなるし。

短時間で身体の色々な組織を殺した気がするので、やっぱり意地でも寝ないでなんとかする、って文化は撲滅すべきだなぁと改めて思いました。どうでもいいですね。

あと、少し調べれば分かることを調べないっていうのはやっぱりもったいないなぁと、特にストランディングの事調べてて思いました。「不安だー」って気持ちを「なんとか調べてみたい」って思うのか「不安だなーいやだなー」って呻くのか。やっぱり前者であったほうが何かと自分の感情部分の制御がききやすくなるのでオススメなのだと思います。

とはいえ自分も結構サボってるタイプなので偉そうなことはまったく言えないのですけどね。ただ、なんでしょうね…無知ってやっぱりそれだけで利用されやすいわけですよ…だから無知であることを常に怖れておくのは大事だなぁなんて。