色んな人のブログを回ると大体途中で目的見失ってる人とかを散見する。そして、続ける意義が見いだせなくなってやめてしまったりしてるのも見受けたり。

記事も330をこえて、未だになんやかんや続いているので、ブログだけに問わず大事だなぁと思ったことをツラツラと。


■ものすごく低い目標点から

 正直、色々な事が続かない人は目標点を高く見積もりすぎているように感じる。ブログだったらやれ自分の役割はどうだ文字数は最低何文字だタイトルは目を惹くようにだこのブログの読者はどうだああでもないこうでもない。

自分が「頑張らなきゃならない」目標点を高くしすぎている。完璧思考のつもりなんだろうけど別にそれが必ず完璧ってことでもないですから。

とにかく目標値を低くする。
毎日更新するんだったら、字数には別にこだわらない内容にはこだわらない。
内容にこだわるんだったら更新日数はこだわらない字数はこだわらない。
字数にこだわるなら~~~

全部なんでもやろうとしない。最初は赤子でも登れるような階段から踏み出すところから。



■頑張らなきゃいけないならやめたほうがいい

 ハマることが何より大事。毎日頑張らないとならないなら多分それは相性悪い。じゃあ勉強だったら勉強自体がダメってことではなく、自分にその勉強方法が向いていないというだけ。
つまり違うルール作ろうっていうだけのお話。

ブログ記事書くのにハマるにはどうしたら?
という場合私であれば、日々のコンディションを残しておきたいし、それが役に立つと思っているから。 


■人の目を気にしてきていると感じたら一度気持ちのリセットを

 ブログとかは特に顕著でしてね、アクセス数やコメントの付き具合とかからあっという間に欲求が満たされたり枯渇したりします。
人の目を気にしすぎる人はあっという間に物事が続かなくなる。承認されることが目標になってしまいますから。

長く続けることの一つには、あまり承認されないようにすることとか、褒め言葉は適度に摂取することが大事なんじゃないかなと。
そして人の目を意識しすぎていると感じたら一度リセットを。人の目を気にしない記事を。


■長く続ける最大の秘訣は「自己満足」

 続けることって究極的には自己満足。他人は長くは自分に注目してくれない。世の中はいつまでも特定の事柄に執着はしてくれない。自分だけが目の前のことに執着できる唯一の人間。たまたま似たような執着心を持つ人と出会えるかもしれないけども。

私は今や風化したネットスラング「真面目系クズ」を未だに取り扱っている。ために稀有な人がこのワードを検索してやってきたりする。


■惰性で何が悪い

 惰性を楽しもう。マンネリもスランプも必ずやってくる。「今は仕方ないさ」それだけ。続けることに意味は必ずある。続けた先に必ず自分だけの発見がある。惰性をマンネリをスランプを楽しもう。


■まとめ

・志ひくくてもいい
・頑張りすぎず
・人の目は気にせず
・自己満足して
・惰性すら楽しむ




■最後に大事な話

 上記まとめですが、繰り返すことで次元が上がっていきます。
 
当初低いと思っていた目標点は低いどころが平地になる。そしたら新しい低い目標点をまた設ける。
 
頑張り過ぎないという目標点もやがて頑張る意識すら無く到達できるようになる。そしたらまた少しだけ頑張る。
 
人の目も更に気にならなくなる。それは世間から外れるということではなく、多少の物事に動じなくなる。
 
自己満足の次元も当然上がっていく。
 
惰性を楽しむことでムラが無くなっていく。

これらは全て「続けること」が産んでくれる。
頑張って続けるんじゃなく、ゆるーく続けよう。
そしたらいろんなことに余裕持てる。
ブログを例にとってはきましたが、この習慣はいかなる場面においても有用に働きます。

私達は弱い。
だから一部強い人のまね事なんてして背伸びしすぎなくても良い。
それよりも自分に出来そうなことからコツコツやればいいだけ。

ウサギとカメ。私達の多くはカメ。
ウサギタイプばっか見ててもしょうがない。
カメでもまぁいいのですよ。ゆっくり着実に。
無理して立ち止まりさえしなければ。 
行き急ぐなかれ。 

いやほんと。



そろそろ本気で継続力をモノにする!
大橋 悦夫
日本能率協会マネジメントセンター
2007-08-23