140506
出典:amazon

 世の中にはある程度、必携の書と呼ばれるものがあります。当ブログでよく紹介している「愛着障害」という本は、私達真面目系クズがいかに生まれてしまうのかというものを現した書であり、自分を分析する、という面において重要な役割を持った本でした。

では今回取り上げる「悩みのるつぼ」はどういった書かといえば。
人生の教本であり、人生における必携の書です。


 

■「悩みのるつぼ化」とは

 本書は朝日新聞の読者の人生悩み相談のコーナーで取り上げられた文章が掲載されております。その中で特に反響のあった「父親が大嫌いです」という相談と回答をまえがきとして、本書は始まります。
その反響というのは、相談に対する岡田斗司夫さんの回答の凄さでした。
以下、「岡田斗司夫なう(http://blog.freeex.jp/archives/51227636.html)」より引用です。

*************質問***************
十代の女子高生です。以前から相談したいことがあるので投稿しました。
父のことです。父の休日は食べる、寝る、テレビの繰り返し。無趣味なので他のことは何ひとつやりません。強いて言うなら、買い物に行って無駄金を使うくらい。何もしないくせに食欲は人一倍あるので困ります。
仕事は「忙しい」と言う時期もありますが、自営業で一日中テレビがついているようなところなのでちゃんと仕事しているのか不審です。また、最近は「疲れた」と言っているのにも関わらず、夜遅くまでずってケータイをいじっており、五十歳にしてケータイ依存症で、酒を飲みに起きたりと意味がわかりません。
物心ついたときからこんな父が嫌いでした。母には「お父さんみたいにならないように」と言われ育てられてきました。幼い頃真冬の二月の公園の噴水で私が遊びたいという理由で父が遊ばせ、肺炎になり入院したことがあります。父と遊んだ思い出やしつけをしてもらった記憶はありません。父に育てられたという思いはありませんし、感謝の気持ちはこれっぽっちもありません。
だから、父の老後の面倒は見ないと決めました。野垂れ死ねばいいんです。友達はお父さんと一緒に買い物をしたり映画を見たりしているので、とても羨ましく思います。父を好きに・・なろうとしても、父のいいところなんてひとつもないし、考えるほど悪いところがあがってしまいます。
子供のことに無関心で全てにおいて母に任せっきりで、学校のテストや成績、最近は通知表も父には見せていません。イジメられてる子はいないかなどと聞いて、おもしろがったり、今はロクな先生がいないと言ったりしています。
母は父との結婚は失敗と言っており、私は離婚してほしい限りなのですが、やはり経済的なことを考えると離婚という選択は無理です。
父がいる休日はイライラしてしまい、死んでほしいとか殺したいという気持ちが強くなっていくばかりで、いっそのこと虐待でもされれば訴えられるのにと思うようになりました。楽しいはずの休日はストレスがたまって辛くて泣くようになりました。
私はどうすれば良いのでしょうか。思春期という理由で片付けないでほしいです。
*************質問終わり************
*************回答***************
「お父さんみたいにならないで」
母はいつも言う。不思議です。あなたは女、父にはなれません。なるとすれば母親でしょう。
「お母さんのようになっちゃダメよ」 こう言うべきです。
なぜ母は「私のような母親になるな」と言えないのか?ここがポイントです。
「私のような母親」とはどんな母親でしょう。答は簡単ですね。
自分に無関心・無頓着な夫と結婚し、離婚もできず、思いつく限りの愚痴を幼い頃から言い聞かせ、やがて娘が「父など死ねばいい」と思いこみ休日に泣いて過ごすように仕向ける母。
それが「私のような母」です。
本当に最悪の父なら、なぜ母は離婚しないのか?これも簡単、ちゃんとストレスのはけ口があるからです。自分の言い分を全部信じる娘に毎日悪口を言ってストレス発散してる。だから母は耐えられる。つまりあなたの犠牲の上に、母は暮らしている。
あなたの父親像は、母の愚痴でできている。寒い中、娘にせがまれて公園まで連れて行く父。はしゃいで寒いのも忘れ夢中であなたは噴水で遊んだ。でも風邪を引いたあなたに母は「父が悪い」と吹き込みます。繰り返される呪いの言葉が楽しい思い出を消してしまったのです。
人間は弱い。誰かの愚痴や文句を言わないと生きていけない。
母の不幸は、家に閉じこめられて、視野が狭いことです。趣味が「父のダメ出し→娘に吐き出し」だけ。こんなの誰の得にもなりません。
ではどうするか?あなたがこのマイナス連鎖を切りましょう。
誘ってあげて、お母さんの興味を外に向けさせる。これができれば、情況はかなり改善されるはずです。お母さんと一緒に映画やショッピングや旅行をする。そのために、あなたがバイトをするのもアリ。お母さんにもパートに出ることをどんどん勧めましょう。
パートをすれば、お母さんの世界も広がるし、お金も、できることも増えます。本当に最悪な父なら、あなたと母が一緒に働いたら独立も可能でしょう。
難しすぎますか?じゃああなただけでも逃げてください。たった三人家族で二人が一人の悪口を言い合ってる家は地獄ですよ。高校生ならもう働けます。
逃げなさい。さもなければ、母を助けなさい。
*************回答終わり************


この段階で私は購入に至りました。



■目次

まえがき

ステージ1 誰よりも面白い答えを
 彼のケータイを盗み見たら……会社員の女性(30代)
 相談者は何を求めているのか
 誰よりも面白い答えを書きたい
 相談者の”徹底的に役立つ”回答とは
 証拠を求めながら相談を読み込む=分析(1)
 相談者の気持ちを巡る=分析(2)
 本当に言いたいことは何か=仕分け
 具体的な行動を提示=フォーカス

ステージ2 相手と同じ温度の風呂に入る
 スイッチ入るのが遅くて……編集業務女性(30代)
 相手と同じ温度の風呂に入るということ
 相談者の背後には10万人の悩む人がいる=共感と立場(1)
 ピラミッドを描いて構成表を図解する
 自分の中の「小さい相談者」=共感と立場(2)
 悩みとは複数の問題がこんがらがった状態である
 味方になるとはどういうことか
 私って「愛人体質」なのかな?……派遣社員(20代)

ステージ3 難問を解いた先に見えた、マイナスの世界
 「禁煙プレゼント」も裏切られ……主婦(46歳)
 マイナスを減らすとはどういうことか
 幸福に生きるのに必要な「信じたいウソ」を否定すべきでない

ステージ4 壮絶な悩みほど、解決の糸口はみつけやすい
 マンションを追い出されます……シングルマザー(27歳)
 解決可能な問題を仕分ける
 問題にマーカーで色付けして分解する
 人が抱えられる問題には重量制限がある
 世界が変わるような答えとは

ステージ5 愛がある答えとは
 20際の娘がダッコをせがみます……主婦(50歳)
 仮説を立てて調査する
 どんな人間関係にも見られる演技性
 思い切り回り道をして心の深部まで考察する
 時間に細かい夫にうんざり……自営業(30代)
 子供が欲しくありません……主婦(34歳)
 人生相談の範囲を超えて、相手の内面に踏み込んだ

ステージ6 相談者に腹を立てた
 母が何も捨てられず困ります……主婦(40代)
 生きることに迷いはつきもの
 かなぐり捨てて、怒りを表明した
 日本人全体の問題として、自分の問題として

ステージ7 なぜ悩みはるつぼ化するのか
 悩みのるつぼの構造
 解決不可能な悩みにはそのまま蓋を
 株式会社・岡田斗司夫はどう動いているか

ステージ8 思考ツールを使ってみよう(1)
 思考ツール1 分析
 思考ツール2 仕分け
 思考ツール3 潜行
 女優と結婚したいです……男子高校生(16歳)
 思考ツール4 アナロジー
 思考ツール5 メーター
 思考ツール6 ピラミッド
 女っ気のない28歳の息子……主婦(50代)

ステージ9 思考ツールを使ってみよう(2)
 思考ツール7 四分類
 クラス替えでビミョーです……女子中学生(14歳)
 思考ツール8 三価値観

ステージ10 思考ツールを使ってみよう(3)
 思考ツール9 思考フレームの拡大
 部下のツイッターを注意すべき?……管理職男性(39歳)
 思考ツール10 共感と立場
 上から目線だけだと、相手に言葉が届かない
 愛という名の緩和剤

ステージ11 思考ツール応用編
 「スキ」ある女しかモテない?……会社員(33歳)
 クラス内の位置が気になります…中学生(10代)
 悩み相談の答えは二人で見つければいい

ステージ12 悩みのるつぼ・メイキング
 オタクの息子に悩んでいます……母親(60代)
 クラス内の位置が気になります・メイキング
 父親が大嫌いです・メイキング
 コミュニケーションって何?……転職活動中(30代)
 部下のツイッター注意すべき?・その後
 天涯孤独な人に頼られて……アルバイト(40代)

あとがき

※電子書籍版はこの他に、追加コンテンツとして
電子書籍版が発売された当時までの最新の相談が載っています





■人生相談でメシを食っている人がおまんま食い上げになる本

 というような旨で小飼弾さんが帯で推薦しております。私もそう思います。これがあれば、誰もが他人の悩みに対する分析ができるようになりますし、自分の悩み分析にも努められるようになってしまいますから(笑)

目次から読み取れると思いますが、この本では相談と回答の合間合間に、どうして岡田斗司夫さんがその回答に至るのかというプロセスも含めて書かれています。

悩みを紐解くとはどういうことなのか?どうすれば自分のままならない状態を打破できるのか?交友関係について、親子の関係について、金銭的な悩みについて、性格について…ありとあらゆる「悩みのるつぼ」の分析するための思考が本書一冊で身につきます。



■人生が行き止まりに感じた時に出会うべきただ一つの本

 正直な話、諸々の精神的な悩みに対する本を読み漁る前にこの本に出会っていたかったです。それほどに、この本に詰まった、思考ツールは優れたものがございます。


この本には実は1ヶ月前から出会っていました。しかし、なかなか書評できませんでした。だってこの本をおすすめするというのは、私のウンチク話なんてもう必要無くなる、ということなのですから。

怖い、私だけの知識にしたい。でも、どうしようもなく優れた情報はシェアされるべきだと思います。

ほんとうに良いものは多くを語る必要はなく。ただ、冒頭に引用した質問にビビっときたら、購入してみてください。 

岡田斗司夫すごい!超迷惑!(笑)

私はわたしにしか書けないものをこれからも模索しようと思います。

いやほんと