20140314
出典:amazon

 本日は書籍の紹介です。
日本マクドナルドの創業者、藤田田氏が40年近く前に出版したビジネス書です。私達が普段当たり前に利用しているドライブスルーというシステムを世界で始めて生み出した人であり、もう功績を挙げればキリがありません。成り上がり経営者の鏡のような存在。

この他の著書にも目を通しておりますが、特にこの著書をオススメするのは、100近いテーマにズバズバと藤田節でズバッと本質を切り込むスタイルが非常に読みやすかったからです。

ちなみにソフトバンクでお馴染み孫正義氏が少年時代に感銘を受け、藤田氏に無理無理会いに行き、そこでこれからの時代はコンピューターだと言われたらしいです。

■目次から伝わる情報量の多さ


PART1 現金をつかむ俺のやり方
001.銀座で出した売り上げ世界記録
002.十メートルは十キロと同じだ=「儲かる場所」の決め手
003.業種で場所を選べ
004.軒先を借りよ=他人の軒先を借りて年商六十億円
005.儲けの敵は固定概念だ
006.人の儲けをねたむな
007.秘密にするとデマが飛ぶ
008.ものマネを歓迎せよ
009.動物的感覚をとぎすませ=事業は理論では成功しない
010.人間養成が金儲けの秘訣だ
011.味はコックの腕に頼るな
012.時代の要求する商品を狙え
013.ハンバーガーは"文化"である
014.デパートは"文化"を売れ、スーパーは"生活"を売れ
015.気持ちよく儲けろ!
016.清潔な店に金宿る
017."スマイル"こそ金儲けの原則だ
018.客の"コンプレックス"をつけ
019.第三期文明ショックを直視せよ
020.日本にないものが売れる
021.リスクの大きいものほど儲かる
022.四角より丸いものが売れる
023.商売やるなら性悪説に立て
024."ただ今の商売"でやれ=明日を期待すると失敗する


PART2 知識より知恵だ
025.十年前のセンスでは生き残れない
026.ショーウィンドウは時代遅れ
027.人は遠くから見るべし
028.「ギブ・アンド・テイク」では損をする
029.商売は「テイク・アンド・アスク・フォー・モア」だ
030."神様"と"ご先祖様"を混同するな
031."知識"より"知恵"だ
032.商売は"オール・オア・ナッシング"だ=国際経済戦争に勝つために
033.因果律にしたがうユダヤ商法
034.ジェット時代にも通用する"78対22"の宇宙法則
035.ハンコの欄は少なくしろ
036."演出"の差が勝敗を決める
037.一分でも早く品物を届けろ=高くついても目じゃない欲求心理
038.現金が先だ
039.商売はタイミングだ=ブームのあとには必ず反動がくる
040.芝居も大切な演出効果だ
041.バーゲン・セールはするな=商品に誇りをもて
042.人より二ミリ先へ出ろ
043.ドアは閉めてはいけない=ユダヤ人五千年の知恵
044.常に危機意識をもて=これが先手必勝のコツだ


PART3 ジェット思考の時代が来た
045.情報の流れをキャッチせよ
046.高速道路を再評価せよ
047.テレビを攻略すべし
048.テレビのCMは空襲だ
049.視聴率は時間に関係ない
050.マタドナルド! 作戦
051.テレビ・コマーシャルを始めた理由
052.多国籍企業は国家をも振りまわす
053.好条件なら自分自身を売り惜しむな
054.十万円は十年後に一千万円にしろ=現金預金で金はふえない
055.まずタネ銭を作れ
056.タマゴを見たらニワトリを想像せよ
057.金はにらんでいてもふえない
058.ジェット商法で儲けろ


PART4 インフレに勝つ頭の回転
059."速い"インフレと"遅い"インフレ
060.儲かるのは輸入だけ
061.外国の"文化"を輸入すれば儲かる
062.日本へ持ってきてしまえばこっちのものだ
063."天然資源"が狙い目だ
064.売り上げ三割アップでインフレに勝つ
065.ダイヤモンドは永遠普遍だ=インフレ時代の蓄財
066.ダイヤモンドなら『デ・ビアース』に限る
067."あやしげなもの"が売れる
068.巨岩も一種の宝石である


PART5 金を生む標的を狙え
069.目標を決めてから儲けろ
070.自分自身のレジャーを発見せよ
071.落第も"ゆとり"である
072."動く"ことは"働く"ことではない
073.身を粉にするな、頭を粉にせよ
074.小便はゆっくりとやれ
075.常に"次の金儲け"を探せ
076.動物"ヤング"に注目せよ
077.ヤングをそう倍の起爆剤にしろ=千円札を一万円札にする工夫
078.十年先が見ものだ
079.「人間は動物だ」ということを忘れるな
080.まず己を考え、次に社会を考えろ
081.成功する"色"と失敗する"色"


PART6 大胆な発想と感覚
082.国際法すら遅れてる
083.二枚舌は信用を失う
084."末世思想"を捨てろ
085.アメリカの土地成金
086."無限保障つき"のクレジット・カード
087.『国際駅弁大会』やれば儲かる
088.手相屋だって50%は当たる
089.間違いはいくらでも修正できる
090."勇気"ある者が儲かる
091.ユニークなアイデアを生む頭=煙突を横にするという発想
092.貧しきものは酒を食う
093.ムダメシはやめろ
094.殺し文句は世界共通だ
095.適当な消費はむしろ必要である
096.ディスカッションは『最善の方法』を探るためにある
097.良い習慣まで捨てる必要はない


PART7 「銀座のユダヤ人」の突撃ラッパ
098.実行力の伴わないアイデアはカスだ
099.ツキを呼ぶ人間とつき合え
100.公徳心よりも欲望に訴えよ
101.百年がかりでタバコを駆逐しよう
102.割りばしは廃止しろ=モノ不足時代の思考法
103.渋滞で走れない高速道路は契約違反だ
104.デノミネーションの狙い方
105.だれでも金持ちになれる=自己啓発のすすめ
106.ヘタな鉄砲は撃つだけ損だ
107.世界共通のものを探せ



この中で少しでもひっかかる内容があれば一読オススメ致します。




■注釈

 勿論大分昔のそれこそインターネットすら無かった時期に書かれたものですから、当時と今とでは世の中の状況が色々と違っています。しかしこの本で語られているのはあくまでも本質部分ばかりです。なので、時代に合わないものは現代のものに脳内で置き換えれば問題ありません。


■当ブログでのオススメ理由

 真面目系クズはその性質上、基本的に社会において損な役回りになることが圧倒的に多いです。じゃあ自分はこんな性格だから仕方ないんだ、と享受してしまうのはあまりにも卑屈です。だって私達の人生は私達のものなんですから、どうして損ばかり押し付けられなければならないのでしょう。

答えは、知恵が無いからです。知恵が無く、そのくせ知識は溜め込むから利用される。この著書には、そうした弱い人間にとって生きるための知恵が書かれているように思いました。


■ビジネスマンにとってもスタートアップ準備中の人にも学生にも

 とにかく誰にとっても"商売"を考えた時にこれほど説得力をもった著書というのはなかなか無いと思います。一歩先行く知識人でありたいと思うのでしたら、是非とも手にとってみるべき本であると思いました。
超オススメです。

いやほんと