症状はWindows7で発生。
一応作業環境はDELLのノートパソコン。

メモリは十分足りているのに必ず5秒近くで
ブチっとAE自体の動作が瞬間的に途切れてプレビューが停止してしまう。

基本的に個人のPCでは極めて短い秒数の動画しか加工していなかったので
なんやかんや1年近く悩んで(放置して)いたのですが
解決方法が今しがたようやく自分で見つけられたので
同じ悩みを抱えている人のために書き記しておきます。


てっとり早く先に結論ですが。
 ae
AEアイコン→プロパティ→互換性タブ→互換モードでこのプログラムを実行するにチェック

以上。


改めて考えればそりゃそうだ、って話なんですが 
特定秒数までは今までも問題無くXPの時同様に使えていて
動作の不備が完全にノーパソ側やウイルスソフトなどの問題だと思っていたので
この互換性は完全に盲点でした・・・


というわけでまぁ今更6.5を使ってる自分もどうなんだという話なのですが
XP発の製品でVISTAや7向けのアプデが行われていない
古い製品を使うときにはこの互換性へのチェックを忘れないようにするのが重要みたいです。

あーホント今までの苦労は何だったんだろう、と少し本業の方の仕事の話でした。 

スマホが更に一般化してきたら
動画編集ソフトもスマホ向けが主流になるのかなと思うと
技術屋の側面を持つ私としてはヒヤヒヤします。
時代に取り残されないように、慣れじゃなくて
根本的なノウハウ部分の勉強も日々忘れないようにしたいところです。