まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事



    生まれつき極端に視力が低い人を、不便だね可哀相だねという人が居る。
    母親が居なく母親の顔すら知らない子どもを、孤独だね可哀相だねという人が居る。
    真面目系クズであることを、クズで能無しで可哀相にね親に恵まれなかったんだねという人が居る。
    育ちの悪い自分を、不幸だという人がいる。
    お金が無く運の無い自分を、不幸だという人がいる。

    私達は日々、そうした「不幸」を演出する世論に巻き込まれて生きております。


    続きを読む

    真面目系クズは他人に厳しい

    なんて言葉をさらっと見かけて、あー自分もそうだったかも、と思いました。
    で、なんでそんなことになってしまうのかと考え、多分こういうことだろうなぁという観点に行き着きました。 卑下するのではなく、どうした精神構造から起こる問題であるか、という考察になります。 半ば1年前とかの自分にあてたメッセージです。



    続きを読む

    来年度の就活生を応援するtiwtterアカウントにフォローされたのでためしにリフォローしてみました。
    で、たま発信されるツイートを眺めてみていたのですが・・・。
    う、うーん? 本当にこうした情報を学生さんは参考に読んでるの?
    と疑問に思ってしまいました。
    続きを読む

    先日堀江貴文さんゲスト出演のナイナイアンサーという番組を見ました。
    この日のお題は「「ホリエモンはなぜ嫌われる?」」というもの。
     
    自称辛口評論家の方々に前半は凝り固まった価値観でぼこぼこにされる日本のイジメの縮図のような内容に嫌気が差しました。
    特にヤンキー評論家?が「お前はやってることがでたらめだ」と言い「いやどこがでたらめなんですか」と堀江さんが返すと「そういうのがダメなんだ」とか「本気で喧嘩できる相手がいないからでたらめなんだ」とかなんだかまぁ、評論家って自分の固定概念にそぐわない事を大声でわめく簡単なお仕事なんだなぁという印象。


    続きを読む

    先週日曜日、外で昼食をとっていると見知らぬ番号から電話が来た。
    出てみると、日経オンデマンドからだった。
    あれ、何かしたっけ、あ、無料会員になってたっけ。

    電話「今お時間よろしいでしょうか」
    クズ「まぁ、はい」

    何かの調査かなーくらいに思ってたが甘かった。


    続きを読む


    A.私には目標がある。
    B.私には特に目標がない。

    そういう二人が居たとして、彼らが偉業を成し遂げた場合に
    どちらが感動的に映るか、といえば日本の空気としてはAを選びがちです。
    つまるところ美談としやすい。

    ところでAが失敗し、Bが成功した場合は?

    失敗してもなお夢に向かうAの姿は素晴らしい。
    しかし夢も何も無いBの成功には嫉妬が付きまとう。
    あんな何も考えてないようなやつが成功してズルイ、と。

    ではAが成功し、Bが失敗した場合。
    やっぱり夢を持ってるAはすごい! 夢は皆持つべきだ!
    それに比べて夢を持ってないBは案の定だな。



    続きを読む

    長いので先に結論
    他者の発信は参考程度にして、自分で情報の本質を探す


    twitterの活動を本格的に開始してから1ヶ月、フォロワーもおかげさまで100人を突破して
    まったく無名だったころよりはすこーしだけ発信力が出てきたのかな?と思うようになりました。
    とりあえず相互フォローしとけ、って人とか
    商材屋とかBOTは極力排除しながらやってきてるつもりではあります。
    facebookはやりません。 まじクズって名前ではなく本人登録になってしまうので。
    ちきりんさんにあやかるわけではありませんが
    私にとっても「まじクズ」はネット上の分身のようなものなので。

     
    続きを読む

    先日のリーダーシップに関する記事をまとめながら
    自分に対する変革がどうなされていたのかをふと振り返ってみました。
    自称真面目系クズですが、一応1年前よりは前向きに思考をシフトできていますし
    考え方も随分変わってきたかなーとは思うわけでして
    これってある時急に変わったのではなくて
    段階的に変化させていったものだなと思います。

    というわけで、私の段階的変化を通して
    真面目系クズの改善はどう行うかをまとめてみました。

    続きを読む

    NHK白熱教室リーダーシップの講義が先日第6回の講義をもちまして終了しました。
    第6回 世界が君を待っている 
    今回もそのレポートのような記事になります。 多少私の理解も入りますが。

    こちらも合わせてご覧いただければより理解が深まると思います。

    特に真面目系クズに分類される人達の未来はリーダーシップによって
    自ら切り開いていくものだという確信を持ちました。

    それでは早速本題へ。
    続きを読む

    なんて書いてましたけど、何故ああいったことを書いたのか。

    およそ半年前の自分は、まだ自分でビジネスを生み出す方向よりも
    他人の堀の中で上手く立ち回るための処世術を考えておりました。
    ようするに楽して会社から金をむしりとる方法を考えていた。 
    続きを読む

    このページのトップヘ