まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事



    本項は何度か記事の中で触れてきた自己確立についてです。

    私たち真面目系クズに欠落しているものです。
    自己確立っていうのは自分の曲がらない心情といいますか
    ウソをつけない部分といいますか
    嫌われようがなんだろうが捻じ曲げない人間としての根っこですか。


    続きを読む

    真面目系クズ、真面目系クズだと嘆いて自暴自棄になって落ち込んでいる人は
    視野が極端に狭くなっている傾向があります。 注意です。
    潜在的な自己評価の高い私たちは特に陥りやすい現象です。 

    視野の狭まりは価値観の狭まり。
    閉鎖的な思考はますます自分を必要以上に低評価し
    悪い思考へのループに歯止めがきかなくなります。

    続きを読む

    真面目系クズの仕事は大変。
    他の人たちほどの頑張りが出来ないので、単純に同期などと比べると
    自分が果てしなく劣っているかのような錯覚に陥ります。

    なので、真面目系クズはいかな仕事術を見につけるべきかをお話します。



    続きを読む

    shohou

    今回は真面目系クズが陥りやすい対人関係の話です。

    真面目系クズは大体対人関係において
    会話する→真面目な印象を持たれる→クズがバレて落胆される→相手の事を嫌いになる

    という一連の流れを見事にこなします。
    何故そうなるのかを経験則と理屈から書き記しました。
    また、処方箋も書いてます。


    続きを読む

    ここから半年後の自分が改訂版を書きました!
    この記事の段階ではまだまだ模索していた段階でもありますので
    あわせてご覧いただければより効果があるかと思います。





    kaizen


    克服は出来ないですが改善はできます。



    真面目系クズの人は、自己をやたらと誇大化させたがる傾向があります。
    それは、中身の無い自分を覆い隠すために必死に
    自分のステータスを良いものに見せようとするからです。

    続きを読む

    この記事を見に来ている方は
    「真面目系クズってどんな人間なんだよ」
    「自分は真面目系クズだ…どうしたら…」
    大まかに分けて上記の2パターンの人間だと思います。
    この記事は後者の、自分が真面目系クズだと思い、悩んでいる人のための記事です。


    続きを読む

    ※このエントリは最近管理人に対する仕事への価値観の変化から
     大幅に修正を加える予定です。
     あくまでこの日付の段階で私が感じていたことなのでその辺りご了承いただければと思います。




    仕事の部類は主に
    ・好きなこと
    ・やりたいこと
    ・嫌いなこと
    ・興味のないこと

    と、大雑把に分けるとこんな種類があると思います。

    続きを読む

    私達は普段から文字という媒体を目にしていますが
    最近読んでいる本に面白い事が書いてありました。
     
    人は、同じ事柄であってもフォントによって受け取る印象がずいぶん違うようです。
    当たり前のことではありますが、売り上げなどにも大きく響きそうなので
    何がどう当たり前なのかをメモします。



    続きを読む

    朝7時に起きる

    二度寝でウダウダする 

    弁当を作る

    誰よりも早く出社してフロアの開錠をする

    掃除する

    ほとんどの人が5分前出社なので優越感に浸る

    はてぶのビジネス・経済・テクノロジー系を眺める たまにデザインも見る
    読書もする

    仕事する

    昼ごはんの後に昼寝する 効果バツグン

    定時まで仕事する

    皆残ってるが早々に帰る

    家で奥さんのご飯食べる

    ゲームする ここ1ヶ月ゼノブレイドに心酔

    寝る
    ---------------------------
    ---------------------------

    続きを読む

    このページのトップヘ