まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事




     起業して半年が経った。準備期間から考えると1年経った。ジェットコースターのような日々が過ぎ、定期的な振り返りをしようと思った。私は基本的に良かったこと探しが好きなので、良かったことを羅列しようと思う。

    続きを読む


     Aを選ぶかBを選ぶか。持ちかけられた話に乗るか降りるか。買い物に行くのか、行かないのか。日々、選択をしながら私たちは生活している。

     この決断が異様に遅かったり、あるいは決断についてものすごく恐怖心を持っている人、億劫だと思う人、などがいる。私の事ですけど。

     決断力をつけたい。決断力はどうしたらつくのか。そもそも決断力て何なのか。覚書。
    続きを読む


     個人の見解です。何か技術などを習得するとき、上達の速度が人によって違います。意識的であれ無意識であれ、上達の早い人にはある程度特徴があるように思います。またそれらは自分でコントロールすることも可能と思います。

     先日は才能の話をしたわけですが、その話の中で「才能は1万時間の費やし方により変化する」的な内容にチラっと触れました。今回の主軸はそちら。
    続きを読む

    20171017

     才能には格差がある。ものを見る力。聞く力。感じ取る力。正直五感レベルで才能が段違いだなぁという人がちらほら。

     さて、世は才能社会。多分国内においては。

    続きを読む


     万人にオススメは出来ないけど、サイコパスの行動力とかある種の天才的な能力とか。その片鱗に少しでも触れてみたいと思うのなら、最高の映画と思います。

     久しぶりに映画をじっくり見る時間をとって、おすすめされた映画を見て個人的に大変良かったのでネタバレしない程度の感想などを。

    続きを読む


     私の20代までの人生は常に失敗だらけでした。もうひたすらに失敗ばかり何度も死にたみが溢れる機会が多かったのを記憶しています。だけどとりあえず生きてみましたらば、なんだか30代になってから、色々な場面で活きるようになってきました。

     あ、こういう事言い始めると老害になっていくわけですね。でもまぁ一応何かためになる事書けるとなぁ。。。

    続きを読む


     と、思っていた時期が私にありました。表題について。

     で、こういう悩みって自分だけのものなのかな、と思ってたらTwitterとかyahoo知恵袋とかいろんなものを見ているうちに、一定数は感じている事なのかなと。

     私は「そう思っていた時期があった」と言える程度にはその辺にある程度折り合いがつけられるようになったので、そのことについてちょっとメモを残しておこうかなと。

    続きを読む


     基本的には仕事が早いことは年収アップに直結する。仕事が早くなってさえしまえば、例えば会社員で給与の納得がいかなければ別のキャリアを選択範囲に入れられる。人不足の時代にあって、生涯一企業というものでもなくなってるから、

     しかし仕事が遅いと選択肢が狭まる。強く出れなくなる。仕事が早くてクオリティが高ければ労働者は企業を選ぶ立場になる。

     私としては若い間、早期にこの状態になることがその後の人生をブースト化かける上で必須と思っています。

    続きを読む

    このページのトップヘ