まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事



    20170507

    出典:Amazon きっと、うまくいく


     2010年ボリウッドのフィルムフェア賞(インド映画のアカデミー賞)を受賞したインド映画「きっと、うまくいく」。久々の休日に何か映画のひとつでも見てみようかと思い、AmazonPrimeを眺めていたところ偶然にこの映画にたどり着きました。

     いやぁ面白かった。本当に元気になれたた。GWも終わるし、明日を良い気分で望むためにはぴったりな映画だと思いご紹介。

     インド映画マニアでも映画オタクでもないので、私の感性なりに感じたことをつらつらと書き記します。

    続きを読む


     寝てない自慢をするわけじゃないですが、色々と初の取り組みをした結果、起業後初の仕事がいきなり炎上して完徹しました(笑) 笑えないですね。 3日完徹なんて学生時代の卒業制作以来です。

     30代で完徹すると一体どうなってしまうのか。是非反面教師としての情報を共有できればと思います。。。真似しちゃダメ。

    続きを読む


     どこの界隈にも必ず一人や二人は居る、アドバイス屋さん。部活の卒業した先輩現象とでも呼ぶべきか。彼らは何故上から目線のアドバイスを、わざわざ行ってしまうのか。
    続きを読む


     一週間とんでもないタスク量に追われブログを書いている余裕がまったく無い状態で久々の更新となります。

     私は過去の経験上、親に虐待やネグレクトを受けながら育ってきたので、割りと速い段階で親を恨む事に成功(?)しました。でも一時期は「親を恨むなんてとんでもない、こんな事を考えている自分は悪なのではないか?」と悩み、こんな自分はもう自殺でもするしか無いんじゃないか、というようなところまで追い詰められていました。

     時々メール相談でも「親を恨むなんて自分は間違っているんじゃないか」という内容の相談をいただきます。

    恨んでいーんだよ。

    続きを読む


     実名のFacebookでは色々と前職の兼ね合いもあるので先にこちらにて報告です。会社を起こすことになりました。登記が完了するのはもう少し先ですが、これまで色々大変だったことなどざっくりとまとめました。

     私みたいなもんでも会社は起こせるんだなーという報告みたいなものです。

    続きを読む

    20170414

     私にとっての覚書ですが、読んでいる方にも参考になるようにと思い筆をとりました。トップデザイナーでもなんでもありませんが、私も10年以上仕事としてデザインに携わっている身として、また優れたデザイナーさんを間近に見ていて感じてきたことです。

    続きを読む


     別に隠していないけど、テレビなどメディアがなかなか表に出さないし、こういうことを話すとすぐ汚いだのなんだのと言われるからなかなか語られない話題。加えて情報商材だなんだがすぐに跋扈するからなんかもう本当にこの界隈の話題は酷い。

     自分がクリーンだなんて自惚れたことは言いませんが、別に情報商材に導くわけでもなんでもなくただ単に感じているお金についての話題を。

    続きを読む


     努力が出来なくて悩む、という声はそこかしこから聞こえてきます。そもそもそんな方法あるのか?努力は才能なんじゃないか?自分に自信が無い人ほどに、自分の努力不足を悲観し、あるときは無力感に打ちひしがれたりなどする。

     努力はできるもんならしておきたい。だけど努力の仕方がわからない。周囲はどうやって努力しているのだろう。なぜ自分だけ努力ができないのだろう。何かヒントにつながれば幸いです。

    続きを読む


     社会人生活が始まると、結構時間の使い方が自由になる。学生時代に比べると少ないと思われるかもしれませんが、「自分で考えなければならない」という自由時間が増える。この自由時間の活用が仕事の攻略には必須であり、故に大事に使っていくことで、より素早く仕事人生を効率化及び簡略化していけます。
    続きを読む


     新社会人の皆様、お疲れ様です。これから公私共により良い社会人生活を送るためにも、特にインターネットの活用については十分に気をつけてまいりましょう。今日は20年近くインターネットおじさんをやってきた身としての処世術を書いていければと思います。
    続きを読む

    このページのトップヘ