まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事



    20170620

     商売の言葉には「三方良し」とか「ウインウイン」とか自分も他人も成功することを良いことというようにする考え方が多いです。ようは商売というのは相手を得させて自分も特を得るというのが鉄則ということです。

     働いていればそんなことは当たり前のように叩き込まれるものです。

     ところが何故か私生活範囲ではこの考え方が軽視されたり、忘れられてしまったりします。
    続きを読む


     コミュ症はとにかく主張が苦手です。過去に自分が何か主張したことによって手痛い失敗や微妙な空気感などを肌身に感じてトラウマになっているからです。はい、私です。

     コミュニケーションが苦手だから人の話を聞いてる分にはまぁそこそこ耳を傾けることができて「○○さんは話を聞いてくれるから良い」みたいなこと言われたりもするわけですが。

     ぶっちゃけ話すのがとにかく苦手だから聞くことくらいはせめて頑張ろうと思ってたわけで。

     しかしまぁ、つくづく思うのです。それだけではただの都合の良い人だと。

    続きを読む


     人間ある程度年齢になってくると1日にできることの上限幅というのがある程度決まってくる。いや実際には昔から決まってるのだけど、ようは仕事だ勉強だでより自分の時間をきっちりと切り始めてくると、その有限性に気づいてくる。

     そうなると自分の限られた時間リソースを何に使うのかをはっきりさせていく必要がある。こんなこと当たり前の話なのだけど、優柔不断が顔を覗かせることでできなくなる。

     優柔不断には悪いイメージがとにかく付きまとう。周りも迷惑する。だから極力直したくて仕方ない場合がほとんど。だけど良さもある。この性分にはある程度自分が付き合う必要がある。

    続きを読む

    2017061


     なんだか日増しに打たれ強くなっている気がしております。過去の自分はもっとこうナヨナヨしてガラスのハートですぐに挫けてふてくされていた気がする。何が自分に起こったのか。他人に適応できるのか。備忘録です。

    続きを読む


     アンガーマネジメントという言葉を耳にすることはありますでしょうか。私は最近耳にしました。イライラに対するメンタルコントロールのことを指すようです。

     こうした言葉を耳にする以前から私も自分の怒りを制御することについて色々調べて実践したりしてました。そういう自分の体験の部分から少し語れることを。

    続きを読む


     私はとにかく人に馬鹿にされるのが怖かったし、出来れば自分が可もなく不可もなく無難な存在でありたいと思っていたから、その理想の自分を守るためにもとにかく人に馬鹿にされたくなかったのです。

     そうして人に馬鹿にされることを怖がって周囲の評価に怯えて警戒しているうちに、いつの間にか人を尊敬せずに馬鹿にして人生が詰んでました。辛い。ぜひ反面教師に。

    続きを読む


     仕事でも生活でもなんでもそうなんだけども、ものすごく大雑把位に分けると、社会において人はこの二種の行動のどちらかを行う。そして私個人の人生の中で感じたのは、他人の不足を補う人の方が割りと穏やかな人生を歩んでいること。また一方で後者もまた大きな成功を収めている、ということ。

     人生の牌をどちらに進めていくのか、少し考えてみると面白いと思います。
    続きを読む


     わたしはとにかく喋るのが苦手で、昔は自分の声も嫌だったし、客観的に自分が喋ってる様子を思い浮かべると嫌で嫌で仕方なくて。自分が喋ると周りが静まるし、楽しく無さそうにするし。もう喋ることがアレルギーになるくらいでした。

     今でも全然出来てるとは思わないですけど、それでも少し人間としての会話が成立するようになってきました。ので、マシになった方法、というか意識についてを残しておこうかと。

     レベル0だった人がレベル1になるための内容なので、会話がメッチャクチャうまくなるための方法ではないというのをご了承くださいませ。
    続きを読む


     何か新しいことに取り組みたいと思った時、まず何をしたらいいのか全くわからないという事態に陥ることがあります。自分の知識不足とか理解力の無さとかとにかくあらゆる点で何をしたらいいのかわからなくなる。何勉強したらいいのかわからなくなる。そういった時の勉強法。

    続きを読む

    このページのトップヘ