まじめ系クズの日常

真面目系クズが世の中を上手く生きる方法を研究しています

真面目系クズとは
まじめ風であるからかろうじての社会的立場を得ているものの
不真面目であり不誠実であり逃避癖があり指示待ち人間であり
実際はほぼ底辺のような存在 のこと つまりクズ

などと悲観的にならずに、この性分に向き合い
改善できそうなところを少しずつ見つけていくことが目的です。

ココで真面目系クズの特徴や改善などの記事をひとまとめにチェックできます

人気記事




     個人の見解です。何か技術などを習得するとき、上達の速度が人によって違います。意識的であれ無意識であれ、上達の早い人にはある程度特徴があるように思います。またそれらは自分でコントロールすることも可能と思います。

     先日は才能の話をしたわけですが、その話の中で「才能は1万時間の費やし方により変化する」的な内容にチラっと触れました。今回の主軸はそちら。
    続きを読む

    20171017

     才能には格差がある。ものを見る力。聞く力。感じ取る力。正直五感レベルで才能が段違いだなぁという人がちらほら。

     さて、世は才能社会。多分国内においては。

    続きを読む


     万人にオススメは出来ないけど、サイコパスの行動力とかある種の天才的な能力とか。その片鱗に少しでも触れてみたいと思うのなら、最高の映画と思います。

     久しぶりに映画をじっくり見る時間をとって、おすすめされた映画を見て個人的に大変良かったのでネタバレしない程度の感想などを。

    続きを読む


     私の20代までの人生は常に失敗だらけでした。もうひたすらに失敗ばかり何度も死にたみが溢れる機会が多かったのを記憶しています。だけどとりあえず生きてみましたらば、なんだか30代になってから、色々な場面で活きるようになってきました。

     あ、こういう事言い始めると老害になっていくわけですね。でもまぁ一応何かためになる事書けるとなぁ。。。

    続きを読む


     と、思っていた時期が私にありました。表題について。

     で、こういう悩みって自分だけのものなのかな、と思ってたらTwitterとかyahoo知恵袋とかいろんなものを見ているうちに、一定数は感じている事なのかなと。

     私は「そう思っていた時期があった」と言える程度にはその辺にある程度折り合いがつけられるようになったので、そのことについてちょっとメモを残しておこうかなと。

    続きを読む


     基本的には仕事が早いことは年収アップに直結する。仕事が早くなってさえしまえば、例えば会社員で給与の納得がいかなければ別のキャリアを選択範囲に入れられる。人不足の時代にあって、生涯一企業というものでもなくなってるから、

     しかし仕事が遅いと選択肢が狭まる。強く出れなくなる。仕事が早くてクオリティが高ければ労働者は企業を選ぶ立場になる。

     私としては若い間、早期にこの状態になることがその後の人生をブースト化かける上で必須と思っています。

    続きを読む


     努力は必ず報われる、とは限らない。

     だけども「努力すること」と「報われること」というのは別の話。

     貴方の努力が報われないのは努力が不足しているからでも実力が不足しているからでもなく。努力と報酬の原理についての因果関係を無視しているから「報われない」と感じてしまうわけです。

    続きを読む


    声が良いということはビジネスでも人生でも非常に大きなアドバンテージになる。美しい声、渋い声、腹の芯まで響くような声、朗らかな声。自分の声をコントロール出来る人間は人生の難易度を操作出来る、そんなように思います。

    続きを読む


     他人をサゲることはあまり自分の利益を生まない。だけど人は平気で他人をサゲる。見下す。コケにして貶める。人間である以上は仕方ないのかもしれない。だけどサゲるにしてもそれぞれ違いがある。

     違いが見抜ければ可愛げを見抜けるかもしれないし、何も考えてないんだなぁと見抜けるかもしれないし。

     サゲるとひと言で言っても様々だよなぁなんて最近は思うのであります。

    続きを読む

    このページのトップヘ